[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を「KOしたい」 1階級上の全勝王者が挑戦状「ドネアより俺の方がうまくやれる」

ボクシングのWBAスーパーバンタム級暫定王者のライース・アリーム(米国)がWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)に対して、「KOしたい」と挑戦状を叩きつけている。2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で死闘を演じた元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の奮闘を引き合いに出しながら、「ノニトができたなら、オレはもっとうまくやれる」と豪語している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

暫定王座決定戦で勝利したアリームが意欲「素晴らしいファイトになると思うよ」

 ボクシングのWBAスーパーバンタム級暫定王者のライース・アリーム(米国)がWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)に対して、「KOしたい」と挑戦状を叩きつけている。2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で死闘を演じた元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の奮闘を引き合いに出しながら、「ノニトができたなら、オレはもっとうまくやれる」と豪語している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 1月23日に米・コネチカット州のモヒガン・サン・アリーナで行われたWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で、ビック・バシリャス(米国)を倒して、暫定王者となったアリーム。“ザ・ビースト(野獣)”の異名で知られる、18戦全勝の30歳はボクシング情報を扱う米ポッドキャスト番組「ルーキー・ボクシング・ポッドキャスト」のYouTubeチャンネル「ITRボクシング」に登場。一階級下のバンタム級の盟主に挑戦状を叩きつけている。

「個人的な過激な意見だけど、君こそがイノウエをKOできると思うんだけれど、どうだろう。間違っているかな?」と質問されたアリームは「君は間違っていない。素晴らしいファイトになると思うよ。是非ともKOしたいね」と即答した。

 自信満々のアリームが、引き合いに出したのはフィリピンの閃光と呼ばれる名手だった。

「オレはドネアと何度もスパーリングをしたことがある。最高な人で、名ファイターだ。モンスター・イノウエと死闘を演じた。目の辺りを骨折させたよね。ノニトができるなら、オレにもできる。俺の方がもっとうまくやれる。最高の試合になるんじゃないかな」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集