[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、7回0封の無双ぶり CY賞期待の8勝目を米絶賛「投票権持つ人に好印象」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦で先発し、リーグ単独トップの8勝目を挙げた。日本人初のサイ・ヤング賞の期待もかかる今季最終登板は、7回3安打5奪三振無失点。10-0で完封勝ちに貢献し、米メディアは「サイ・ユウの帰還」と絶賛している。

今季8勝目を挙げたダルビッシュ【写真:AP】
今季8勝目を挙げたダルビッシュ【写真:AP】

CY賞期待されるダルビッシュ、最終登板で7回3安打5Kの快投

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦で先発し、リーグ単独トップの8勝目を挙げた。日本人初のサイ・ヤング賞の期待もかかる今季最終登板は、7回3安打5奪三振無失点。10-0で完封勝ちに貢献し、米メディアは「サイ・ユウの帰還」と絶賛している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ダルビッシュが最終登板で無双ぶりを発揮した。98マイル(約157.72キロ)の外角低め直球で見逃し三振を奪うなど絶好調。2試合ぶり今季10度目のクオリティスタートを達成し、防御率2.01はリーグ2位、93奪三振はリーグ3位となり、日本選手初の最多勝もほぼ手中に収めた。

 最終登板の好投に米地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は「カブスはユウ・ダルビッシュの勢いに乗ってHR攻勢でマジックを1に減らす」の見出しで速報。「サイ・ユウの帰還」とつづると「今季の最終登板でナ・リーグのサイ・ヤング賞の投票権を持つ人たちに素晴らしい印象を残しただろう」と絶賛している。

 さらに、自粛期間明け初登板となった7月20日の練習試合では、ホワイトソックスに初回5失点したことに触れ、「しかし、この日のダルビッシュは違った。7回まで完全に封じ込めたのである。ホワイトソックスはわずか3安打1四球。この試合通じての最後のヒットは5回のルイス・ロベルトの単打だった」と相手打線をねじ伏せたことを強調している。

 チームはダルビッシュの快投と一発攻勢で勝利を収め、地区優勝にマジック1とした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集