[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルとCY賞争うライバル デグロムの精密すぎる160kmに米驚愕「ファウルにさえできない」

米大リーグ・メッツのエース、ジェイコブ・デグロム投手の投球が脚光を浴びている。2年連続でサイ・ヤング賞を受賞している右腕は11日(日本時間12日)、敵地でのブルージェイズ戦で糸を引くような軌道でコーナーぎりぎりに決める100マイル(約160キロ)の剛速球を披露。米名物セレブが動画を公開すると、「チートだろ」「ファウルにさえできない」などと米ファンの度肝を抜いている。

防御率、奪三振数でリーグトップに立ったジェイコブ・デグロム【写真:AP】
防御率、奪三振数でリーグトップに立ったジェイコブ・デグロム【写真:AP】

デグロムが圧巻の投球で今季4勝目

 米大リーグ・メッツのエース、ジェイコブ・デグロム投手の投球が脚光を浴びている。2年連続でサイ・ヤング賞を受賞している右腕は11日(日本時間12日)、敵地でのブルージェイズ戦で糸を引くような軌道でコーナーぎりぎりに決める100マイル(約160キロ)の剛速球を披露。米名物セレブが動画を公開すると、「チートだろ」「ファウルにさえできない」などと米ファンの度肝を抜いている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ダルビッシュとサイ・ヤング賞を争うライバルが魅せた。初回2死一塁、右打席にルルデス・グリエルJr.を迎え、カウント1-2からの4球目だ。デグロムが投じた100マイルは糸を引くような弾道で外角低め一杯に決まった。これにはグリエルJr.も手が出ない。見事な見逃し三振だった。

 針の穴を通すような剛速球を、米国の名物セレブで「ピッチングニンジャ」の愛称で知られるロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで「ジェイコブ・デグロムの100マイルのペイント」とつづって実際の映像を公開。米ファンからは「銃から撃たれたもののようだ」「美しい」「チートだろ」「惑星最高の投手」「不公平だ」「安打不可能」「彼は完璧なマシーンだ」「ファウルにさえできない」と驚きの声が相次いでいる。

 初回に1失点したものの、2回以降は被安打1本に抑えたデグロム。6回を3安打1失点で今季4勝目を挙げた。この試合で9個の三振を奪った32歳は、今季79Kとし、奪三振部門で首位に浮上。防御率でも1.67でリーグトップに立った。レッズのトレバー・バウアー投手やダルビッシュとのサイ・ヤング賞争いは熾烈を極めそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集