[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「井上尚弥を超える日本人」が登場 米メディアが独自ランクで4位に抜擢した選手とは

 ボクシングの米専門メディア「ボクシングシーン.com」では、最強王者を格付けする「チャンプ・フォー・チャンプ(CFC)」という特集を展開している。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が9位に選出される中、WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)がモンスターを超える4位の評価を受けた。

井上尚弥を超える評価を得た日本人とは…【写真:荒川祐史】
井上尚弥を超える評価を得た日本人とは…【写真:荒川祐史】

米専門メディアが最強王者格付け「CFC」を発表、井上以上の評価を受けた日本人とは

 ボクシングの米専門メディア「ボクシングシーン.com」では、最強王者を格付けする「チャンプ・フォー・チャンプ(CFC)」という特集を展開している。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が9位に選出される中、WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)がモンスターを超える4位の評価を受けた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「パウンド・フォー・パウンド(PFP)にあらず。2020年のCFC。現在のタイトル保持者トップは」と題し、“王者の中の王者”を特集した。同一階級の世界戦回数と対戦相手の強さを評価。1年2か月で5度の防衛に成功したWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)を例に挙げ、前王者アイザック・ドグボエ以外に猛者と戦っていないことから、ランク外となった経緯を紹介している。

 階級別のCFCではバンタム級トップに選出された井上だが、全階級の王者の中では9位という評価だった。寸評では「もしも、ここまでのキャリアやWBAの下位タイトル戦も含まれるなら、イノウエはもっと上位に余裕で選出されていただろう」と記されている。

 3階級制覇王者のモンスターは、バンタム級で現在4戦全勝。だが、WBA正規王座をかけたジェイミー・マクドネル(英国)戦とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ初戦のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦は、正規王座より上に位置づけられるスーパー王座が存在したため、CFCではカウントされず。採点対象が2試合とされ、9位にとどまった。だが、評価は依然として絶大だ。

「IBFのベルトをかけたエマヌエル・ロドリゲスと、ノニト・ドネア相手のWBAタイトルマッチの勝利は凄まじいスタートだ。ウイルスでシャットダウンされる前には、イノウエはジョンリエル・カシメロとさらなる統一戦を行う予定だった。どんなチャンピオンからもこれ以上を望むことはできない」

 強者との対戦を選び続けるモンスターの流儀を絶賛。さらに「彼は4連続でバンタム級トップ10の実力者を倒してきているのだから、驚きはない。(海外)遠征ができるようになり、そしてこの支配力が1年間続いて、依然としてバンタム級に留まっているとすれば、イノウエはトップの座に向かうだろう」と分析している。新型コロナウイルスの感染拡大が収まれば、CFCトップの座は見えてくるようだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集