[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシア新体操美女、超人技の“220度開脚”が反響拡大「強く美しい」「信じられない」

東京五輪が1年延期となった中、新体操のアレクサンドラ・ソルダトワ(ロシア)が驚きの動画を自身のインスタグラムに投稿。「朝のウォーミングアップ」と題した前後に200度以上開脚するストレッチ動画に対し、フォロワーからは「なんという柔らかさ」「こんなのどうやったらできるの」などと仰天の声が上がっていたが、「強く、美しい」「信じられない」と反響がさらに広がっている。

アレクサンドラ・ソルダトワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・ソルダトワ【写真:Getty Images】

余裕の表情で前後に開脚、驚きの動画に反響拡大「シンプルに素晴らしい」

 東京五輪が1年延期となった中、新体操のアレクサンドラ・ソルダトワ(ロシア)が驚きの動画を自身のインスタグラムに投稿。「朝のウォーミングアップ」と題した前後に200度以上開脚するストレッチ動画に対し、フォロワーからは「なんという柔らかさ」「こんなのどうやったらできるの」などと仰天の声が上がっていたが、「強く、美しい」「信じられない」と反響がさらに広がっている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 身長174センチの22歳美女が驚異的な柔軟性を見せた。顔の前にくらい大きく上げた右足は美しく伸び、柱で支えるようにキープ。そして体を大きく反り返らせている。地面についている左足と柱につけた右足で前後に開かれた角度は220度ほどありそうだ。

 別の映像も一緒に公開し、軟体ぶりを披露したソルダトワ。この投稿に海外ファンからは「言葉を失うほど素敵」「こんなのどうやったらできるの」などと驚きや称賛の声が続々と集まっていたが、反響がさらに拡大。「強く、美しい」「信じられない」「あなたの柔軟性が大好き」「あなたが1番!」「シンプルに素晴らしい」とコメントが寄せられている。

 現在22歳のソルダトワは、15年の世界選手権団体戦連覇に貢献。リオ五輪は補欠となったが、18年春のW杯タシケント大会はフープ、ボール、クラブ、リボンの4種目で1位となり、個人総合優勝を達成していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集