[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界ジュニアVのワリエワ、トゥトベリーゼ氏らと集合写真に反響「過去最高のチーム」

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏がインスタグラムに教え子らとの集合写真を公開すると、ファンから「今までで最高のチーム」と反響の声が相次いでいる。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

世界ジュニア金のワリエワ、銀のウサチョワや振付師とパシャリ

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏がインスタグラムに教え子らとの集合写真を公開すると、ファンから「今までで最高のチーム」と反響の声が相次いでいる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 揃って笑みを浮かべている。一番手前にいるのは振付師のダニイル・グレイヘンガウス氏。その後ろにトゥトベリーゼ氏、ワリエワ、銀メダルだったダリア・ウサチョワ(ロシア)と続いた。ワリエワは金メダルを手に白い歯を輝かせている。表彰式の後に撮られた1枚のようだ。

 将来が期待される2人。トゥトベリーゼ氏のインスタグラムのコメント欄には「おめでとう!」「今までで最高のチーム」「グッジョブ」「カミラよくやったわ!」「最高!」「2人は今日、素晴らしい出来だったわ」「2人とも愛してる!」と祝福や称賛の声が集まっている。次々と有望選手が出てくるロシア勢。今後の活躍にも注目が集まる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集