[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜレッドではないのか 米GKの豪快過ぎるハンドに海外賛否「他国なら一発退場だ」

海外サッカー、米メジャーリーグサッカー(MLS)、開幕節で物議を呼ぶプレーが生まれた。29日(日本時間1日)のナッシュビルSCと、アトランタ・ユナイテッドの一戦。ナッシュビルSCのGKがセンターサークル付近まで飛び出すもボールを奪えず、相手チームにがら空きのゴールを狙ってシュート打たれたが、これを手で阻止してしまう。明らかな故意ハンドだったが、結果はレッドではなくイエローカード。一体なぜなのか――。ファンからも賛否の声が上がるプレーを海外メディアが動画付きで公開している。

ナッシュビルSCに所属するウィリスのハンドに海外賛否の理由は…【写真:Getty Images】
ナッシュビルSCに所属するウィリスのハンドに海外賛否の理由は…【写真:Getty Images】

米MLS開幕戦で衝撃シーン、GKがセンターサークル付近でハンドを犯すも…

 海外サッカー、米メジャーリーグサッカー(MLS)、開幕節で物議を呼ぶプレーが生まれた。29日(日本時間1日)のナッシュビルSCと、アトランタ・ユナイテッドの一戦。ナッシュビルSCのGKがセンターサークル付近まで飛び出すもボールを奪えず、相手チームにがら空きのゴールを狙ってシュート打たれたが、これを手で阻止してしまう。明らかな故意ハンドだったが、結果はレッドではなくイエローカード。一体なぜなのか――。ファンからも賛否の声が上がるプレーを海外メディアが動画付きで公開している。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 なぜ、このプレーで一発退場ではないのか。問題のシーンは後半アディショナルタイムだった。アトランタのGKが大きくけり出したボールに、1点ビハインドのナッシュビルSCのGKウィリスは一気に飛び出してボールをキープしようとする。しかしうまくトラップできず、ボールを相手に奪われてしまう。

 当然ナッシュビルSCのゴールはがら空き。ボールを拾ったアトランタMFバルコにロングシュートを打たれてしまう。次の瞬間だ。

 ウィリスはこのシュートを平然と手を使って阻止したのだ。当然、ペナルティエリアまでは戻っていない。明らかなハンドだったが、これに審判が提示したのはレッドではなくてイエローカードだった。

 一部始終を動画付きで投稿しているのは、米スポーツ専門局「ESPN」サッカーアカウントの公式ツイッター。こちらにはファンの声も集まっており、「妥当な判断だ……あれが絶対に決定機だと判断はできない」「明らかに、あれは妥当な判断だった」と審判の判断を支持する声も一定数はあったが、一方で「中継で見ていたけど、『一体どういうことだ』って思ったよ。他の国のリーグならレッドカードだよね!」「あれは退場だろ」「あの主審は冗談か」「いつだって(あのプレーは)一発退場だよ!」など審判への批判の声が大勢を占めていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集