[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「記録で2人にメッセージを」― 埼玉栄・宮本一平が“海の向こうの宿敵”に届けた3冠

「記録で2人にメッセージを」― 埼玉栄・宮本一平が“海の向こうの宿敵”に届けた3冠

男子競泳界に、楽しみな逸材が現れた。20日まで行われた全国高校総体(インターハイ)。宮本一平(3年=埼玉・埼玉栄)が100メートル、200メートルの平泳ぎで2冠。400メートルメドレーリレーを含めると、3種目を制覇した。

インターハイ、東京五輪目指す3年生が100&200平とメドレーリレー制覇

 男子競泳界に、楽しみな逸材が現れた。20日まで行われた全国高校総体(インターハイ)。宮本一平(3年=埼玉・埼玉栄)が100メートル、200メートルの平泳ぎで2冠。400メートルメドレーリレーを含めると、3種目を制覇した。

「2年前に(個人で)2冠を獲れたけど、去年は金メダルを獲れなかった。今年は金メダルを奪回してやろうと思ってきた。最後の年に100メートル、200メートルで2冠を獲れたことがうれしい」

 最終日の100メートル平泳ぎを1分1秒09の自己ベストで制すると、歓喜の声を弾ませた。

「入水からまとう水が気持ち良くて。最初のひとかきから水が流れる感じを体でしみじみと感じていた。あとは自分との闘い。ガムシャラに泳ぎました!」

 独特の表現で振り返った3年生にとって「親友以上の存在」が力になった。女子でチームメートの佐藤千夏(3年)が400メートルと800メートルの自由形を制していた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー