[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「負ける悔しさ」知った17歳の夏 今井月、涙と笑顔の4日間「もっともっと強く」

「負ける悔しさ」知った17歳の夏 今井月、涙と笑顔の4日間「もっともっと強く」

「負ける悔しさ」を実感した17歳の夏だった。20日まで行われた全国高校総体(インターハイ)の競泳。最大の注目を集めたのは、リオデジャネイロ五輪代表の今井月(2年=愛知・豊川)だ。

インターハイ、リオ五輪代表の美少女スイマーが過ごした涙と笑顔の4日間

「負ける悔しさ」を実感した17歳の夏だった。20日まで行われた全国高校総体(インターハイ)の競泳。最大の注目を集めたのは、リオデジャネイロ五輪代表の今井月(2年=愛知・豊川)だ。

 100メートルと200メートルの平泳ぎで個人2冠。400メートルリレーと合わせ、大会3冠を達成した。しかし、最終日に全レースを終え、テレビカメラの前に立つと、本音が口を突いた。

「改めて、負ける悔しさを知りました」

 開幕2日前の15日に17度目の誕生日を迎えた2年生は、初日の100メートル平泳ぎで「あぶね~って感じ」と苦笑いで振り返った接戦を制し、400メートルメドレーリレーとともに2種目を制覇。しかし、第3日の400メートルメドレーリレーでは得意の平泳ぎで第2泳に挑んだが、3番手から順位を上げることができず。レース後には表彰台で悔し涙を流した。

「メドレーリレーでいい泳ぎができず、不安があった」という最終日。200メートル平泳ぎで個人2冠を達成こそしたが、800メートルリレーは2位に終わり、チームの総合成績も3位。目標としていた日本一には届かなかった。練習中から周囲の選手にも視線を注がれるような環境で戦い抜いた4日間。「敗戦」の事実から課題も浮き彫りになった。

「初日に優勝することができて、いい流れだった。悪くないなと思っていたのに。結果でしっかり貢献することが自分の一番の役目。それが当たり前。メドレーリレーは去年優勝している種目だし、優勝したかった。その部分で心残りはある。長く続く大会でもしっかりと戦えるようになりたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー