[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鵜澤飛羽が10秒19で2年生V! 圧巻の好タイム「公認じゃないかとチラッと見たら…」

全国高校総体(インターハイ)は陸上第2日は5日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで各種目が行われ、男子100メートル決勝で鵜澤飛羽(2年=築館)が追い風参考ながら10秒19(追い風2.9メートル)の好タイムで初優勝を飾った。

男子100メートルを制した鵜澤(左)【写真:奥井隆史】
男子100メートルを制した鵜澤(左)【写真:奥井隆史】

「バリバリ追い風参考でした」―諦めかけたインターハイで堂々の初優勝

 全国高校総体(インターハイ)は陸上第2日は5日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで各種目が行われ、男子100メートル決勝で鵜澤飛羽(2年=築館)が追い風参考ながら10秒19(追い風2.9メートル)の好タイムで初優勝を飾った。

 南国の風に背を押され、混戦を抜け出した。鵜澤は課題のスタートで遅れを取ったが、181センチ、62キロの全身を使った走りでぐんぐん加速。70メートル付近で先頭に立つと、そのまま押し切った。表示されたタイムは10秒19。追い風参考となったが、会場もどよめく好タイムだった。

「優勝した後に観客が『オーッ』って沸いていたので『マジか』と。公認じゃないかなと思ってチラッとタイムを見てみたら、バリバリ追い風参考でした」とおどけたが、堂々の初優勝だ。

 諦めかけた夏の大舞台だった。5月に左足首の靱帯を損傷し、県総体の出場断念も視野に入れた。しかし、懸命の治療で間に合わせ、なんとか出場したインターハイ。2年生優勝となったが「桐生(祥秀)選手、宮本(大輔)選手もやっている。別に不思議じゃない」と言ってのけた。

 中学時代は野球に打ち込み、肘の怪我で断念。陸上に本格挑戦した経歴の持ち主だ。「今日は参考記録なので物足りない。まずは公認で10秒1台を出したい」と意気込み、先を見据えた。

◇インターハイの陸上は4日から8日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集