[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日章学園、3回戦敗退も光った“素人監督”の柔道流采配「コート内だけが戦いじゃない」

全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは1日、熊本・八代市東陽スポーツセンターなどで開幕し、男子団体戦に臨んだ日章学園(宮崎)は、3回戦で札幌龍谷(南北海道)に1-3で敗れて姿を消した。悲願の初優勝への挑戦は終わったが、バドミントン経験のない武末昌也監督率いる昨年3位チームは実践学園(東東京)に3-1で初戦の2回戦で快勝。独自のスタイルで爪痕を残した。

奮闘を見せた日章学園・小川【写真:荒川祐史】
奮闘を見せた日章学園・小川【写真:荒川祐史】

柔道出身・武末昌也監督、13年目の挑戦は3回戦敗退

 全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは1日、熊本・八代市東陽スポーツセンターなどで開幕し、男子団体戦に臨んだ日章学園(宮崎)は、3回戦で札幌龍谷(南北海道)に1-3で敗れて姿を消した。悲願の初優勝への挑戦は終わったが、バドミントン経験のない武末昌也監督率いる昨年3位チームは実践学園(東東京)に3-1で初戦の2回戦で快勝。独自のスタイルで爪痕を残した。

 最初のダブルスでは、小川航汰(3年)と樋口稜馬(3年)のペアが春の全国選抜準Vの実力を発揮。第1ゲームの序盤は一進一退の攻防が続いたが、9-9から10連続得点で突き放した。2回目のインターハイとなった小川は「いつもより緊張しなかった」と頼もしい。2-0のストレート勝ちを収めると、池田大将(3年)と實藤圭亮(3年)のペアも勝利で続いた。

 順調に白星を積み重ねたが、大舞台の初戦でチームはぎこちない。主将の池田が「ほとんどが初めてのインターハイ。雰囲気にも飲まれつつあって、2階席の保護者から見ても緊張していたのがわかったと思う」と苦笑いするほどだった。それでも、後ろを振り返ればどっしりと座った監督がいる。日体大時代まで柔道で腕を鳴らした指揮官の堂々たる姿に、池田は「武末先生はいつも通りだった。さすがです」と、チームに落ち着きをもたらした。

 第3試合のシングルスでは、日高堅斗(2年)が苦戦。リードされた場面で武末監督が動いた。「最初のシングルスは負けてもいいよ。でも、姿勢が次の選手に繋がる。負けても歯を食いしばって、しつこく頑張る姿が大事」。インターバル中に声をかけて鼓舞。後ろにつなぐ意識を持たせた。

 まさしく柔道の団体戦のようなメンタル。「コートの中だけが戦いじゃないですから。後ろは『次は俺が取り返してやる』という気持ちになってくれる。(柔道と)同じだと言えますね」と意図を説いた。日高は敗れたものの、第4試合の小川が躍動。前後に揺さぶりながら得点を重ね、指揮官の“采配”通りの奮闘で初戦突破をもぎ取った。

 武末監督は日体大卒業後に鹿児島、熊本の高校で教員を務めた。生まれ故郷の宮崎で指導を希望し、日章学園の教員の話が舞い込んだ。2007年、同校に赴任。前任者の異動で空いた椅子を託され、生徒とともにシャトルを追う日々が始まった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集