[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“令和の怪物”堤麗斗、4冠目へ4強入りも「今日はダメでした」 試合後は即練習

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは1日、宮崎市総合体育館で各階級の準々決勝が行われ、ライト級では高校No.1の呼び声高い堤麗斗(2年=千葉・習志野)が、ジャッジ5人がフルマークをつける、貫録のポイント差で準決勝進出を果たした。

準決勝進出を果たした堤麗斗【写真:角野敬介】
準決勝進出を果たした堤麗斗【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、ライト級準々決勝では堤がフルマーク判定勝ち

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは1日、宮崎市総合体育館で各階級の準々決勝が行われ、ライト級では高校No.1の呼び声高い堤麗斗(2年=千葉・習志野)が、ジャッジ5人がフルマークをつける、貫録のポイント差で準決勝進出を果たした。

 思わずこぼれたのは苦笑いだった。試合終了後、ヘッドギアを脱いだ堤はなんとも言えない表情で笑った。「今日はダメでした。また気持ちが入り過ぎてしまいました」。明確なポイント差をつけての快勝だったが、まるで敗者の弁だった。

 3回戦では「今大会最大の山」と見ていた染谷將敬(3年=東京・駿台学園高)を撃破。山を越えたことで、エアポケットのような状態に入ってしまったようだ。「昨日は冷静に戦えましたが、今日はまた気持ちが入り過ぎてしまった」と分析。関茂峰和監督も「丁寧さを欠いていた。うまくいかなくてイライラしていましたね」と指摘した。

 そうはいってもフルマークの判定勝ち。兄に東京五輪の金メダル候補で高校6冠の駿斗(東洋大)を持ち、自身も1年で高校3冠。パリ五輪を目指す“新世代の怪物”は自身に厳しい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集