[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校No.1の大器、堤麗斗が初戦快勝 次戦は「今大会最大の山場」も「絶対に勝ちます」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは30日、宮崎市総合体育館で2回戦が行われ、ライト級では大会最注目の大器、堤麗斗(2年=千葉・習志野)が八木橋光(3年=青森・五所川原工)に5-0の判定勝ち。順当に3回戦に駒を進めた。

3回戦に駒を進めた堤麗斗【写真:角野敬介】
3回戦に駒を進めた堤麗斗【写真:角野敬介】

インターハイボクシング、ライト級2回戦で順当勝ち

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは30日、宮崎市総合体育館で2回戦が行われ、ライト級では大会最注目の大器、堤麗斗(2年=千葉・習志野)が八木橋光(3年=青森・五所川原工)に5-0の判定勝ち。順当に3回戦に駒を進めた。

 まずは堤が貫録を見せつけた。サウスポースタイルから繰り出す、ジャブとフックを的確に当てて2分×3ラウンドの試合はフルマークでの勝利。試合後は「力んでしまって、硬さがあったので。60点…いや50点です」と厳しい自己診断だったが、まずは初戦突破にホッとした表情だった。

 東京五輪の金メダル候補の呼び声高い、兄・駿斗(東洋大)に勝るとも劣らない素質の持ち主だ。兄がなしえなかった1年生でのインターハイ制覇を果たし、その後は秋の国体、今春の選抜大会も制して現在「3冠」。6月にハンガリーで開催された、ジュニア・ユース国際トーナメントでも頂点に立ち、高校生活での目標に兄の「6冠」超えを掲げている。

 勝って当然とみられる中で臨む大会。「プレッシャーに弱いので、どうしても初戦は力んでしまう」と振り返りつつ、「克服するには経験を積むしかないと思っている。もっともっと海外でも経験を積んでいきたい」と冷静に先を見据える。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集