[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐光学園FW西川潤、エースお目覚めの2発で4強 監督「“火事場のクソ力”を出せた」

灼熱の沖縄で開催されている全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は30日で4強が出揃った。昨年準優勝の桐光学園(神奈川)は西京(山口)を2-1で下し、京都橘(京都)と戦う準決勝に駒を進めた。

桐光学園が西京を下し、準決勝に駒を進める【写真:藤井雅彦】
桐光学園が西京を下し、準決勝に駒を進める【写真:藤井雅彦】

今大会初得点から2発で西京撃破、2年連続4強「勝ち切れたことが良かった」

 灼熱の沖縄で開催されている全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は30日で4強が出揃った。昨年準優勝の桐光学園(神奈川)は西京(山口)を2-1で下し、京都橘(京都)と戦う準決勝に駒を進めた。

 試合を動かし、そして決めたのは、やはり頼れるエースだった。

 0-0で折り返した後半6分、FW西川潤(3年)が左サイドのFW佐々木ムライヨセフ(3年)からの折り返しを左足で決めて先制。「練習でやってきた通りの形」と納得の今大会初得点が生まれた。その後、一時は同点に追いつかれたものの後半アディショナルタイムに味方が獲得したPKを冷静に決め、これが決勝点に。「連戦の疲労がある中でしっかり勝ち切れたことが良かった」と汗を拭った。

 過密日程に酷暑が重なり、この日は西京の粘り強いプレーにも苦しめられた。桐光学園はボールロストの多い単調な攻撃ばかりで、西川も前半は思うようにボールが受けられず味方とのパス交換で息が合わない場面も散見された。これにはチームを率いる鈴木勝大監督は「チームのどこかに慢心があったかもしれないし、前半に一度だけあったピンチも集中力の問題だった」と全体的に辛口評価だった。

 それでも後半開始時から4バックへシステム変更し、流れを引き寄せる。攻撃にテンポが生まれるようになってからは地力の差を見せてゲームを支配し、押し込んだ状態から前述の2得点が生まれた。PK戦の前に決着させたことについて、鈴木監督は「前後半70分でゲームを決められたのは大きい。“火事場のクソ力”を出せた」と選手たちの頑張りを労った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集