[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あの試合は忘れられない」文武両道の県立女子高バレー部に活を入れた「1点」の重み

1年前の悪夢から、ようやく解放された瞬間だった。6月22日に行われたインターハイ・バレーボール群馬県予選決勝で、高崎女子高は強豪・高崎商大附と26-24、25-23と競り合った末、2-0で破って見事優勝。38年ぶり3度目のインターハイ出場を決めた。この瞬間を、これまでチームを支えてきた森和佳葉(3年)は「うれしいよりもホッとしました」と振り返る。

38年ぶり3度目のインターハイ出場を決めた高崎女子高【写真:編集部】
38年ぶり3度目のインターハイ出場を決めた高崎女子高【写真:編集部】

群馬県内屈指の進学校、高崎女子高が38年ぶりに掴んだインターハイへの切符

 1年前の悪夢から、ようやく解放された瞬間だった。6月22日に行われたインターハイ・バレーボール群馬県予選決勝で、高崎女子高は強豪・高崎商大附と26-24、25-23と競り合った末、2-0で破って見事優勝。38年ぶり3度目のインターハイ出場を決めた。この瞬間を、これまでチームを支えてきた森和佳葉(3年)は「うれしいよりもホッとしました」と振り返る。

 2018年のインターハイ県予選決勝。高崎女子高はインターハイの常連、西邑楽を相手に第1セットを先取した。第2セットを奪われたものの、迎えた第3セットは逆転に次ぐ逆転で24-22に持ち込み、悲願の優勝まであと1点と迫った。「選手も私も応援席も、会場全体が『これは高女が勝つな』という雰囲気になりました」。チームを指導する石原裕基監督は苦笑いしながら、こう続けた。「そう甘くはなかったですね」。

 マッチポイントを握りながら自分たちのミスで決めきれず、あっという間に4点を連取され、まさかの大逆転負け。1点がこれほど重く感じられたことはなかった。自らのスパイクが外れて同点としてしまった丸山理(あや・現3年)は「ミスをしたのが自分。1点が取れなくて…。それで先輩と一緒にインターハイに行くことができなくて悔しくて、しばらく落ち込みました。あの試合は忘れたくても忘れられません」と話す。

 だが、落ち込んでいるだけでは何も始まらない。主将となった丸山を中心に、「同じ失敗は2度としない」「インターハイに出て勝つ」という目標を掲げ、新チームが立ち上がった――。

 ◇ ◇ ◇

 高崎女子高といえば県内屈指の公立進学校だが、バレーボール部のほか、新体操部、バスケットボール部、山岳部なども強豪校に名を連ねるなど、スポーツも盛ん。今年の群馬県高校総体では8年ぶり12度目の総合優勝を果たした。そんな文武両道を地で行く女子高に、保健体育の教員を務める石原監督が赴任したのは2017年のことだった。

 学生時代は選手として、教員になってからは指導者としてバレーボールとともに歩んできた石原監督の目に、高女バレー部は「常にベスト8入りする強豪」と映っていたが、同時に「ベスト8の壁を越えられずにいる学校」でもあった。越えられない理由は何なのか。着任後に受けた印象は「選手がよくも悪くも物事を割り切っている感じでしたね。最後まで諦めないとか、できることをやり尽くすとか、そういう泥臭さに欠けている部分がありました」と話す。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集