[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】総合優勝は男子・日大豊山、女子・日大藤沢…インハイ最終日V全選手喜びの声

【競泳】総合優勝は男子・日大豊山、女子・日大藤沢…インハイ最終日V全選手喜びの声

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)最終日は20日、6種目で決勝が行われ、全種目が終了。学校対抗で競う総合優勝は男子が日大豊山(東京)、女子が日大藤沢(神奈川)となった。優勝全選手の喜びの声は以下の通り。

女子400メートルメドレーリレーを制した豊川(愛知)【写真:荒川祐史】
女子400メートルメドレーリレーを制した豊川(愛知)【写真:荒川祐史】

インターハイ最終日は6種目で決勝

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)最終日は20日、6種目で決勝が行われ、全種目が終了。学校対抗で競う総合優勝は男子が日大豊山(東京)、女子が日大藤沢(神奈川)となった。優勝全選手の喜びの声は以下の通り。

女子100メートル自由形は大内紗雪(2年=日大藤沢)が優勝【写真:荒川祐史】
女子100メートル自由形は大内紗雪(2年=日大藤沢)が優勝【写真:荒川祐史】

○女子100メートル自由形

55秒59 大内紗雪(2年=日大藤沢)「自分の持ち味を出して、いいレースをすることができた。(2冠に)初日からいきなり悔しいレースもあったので、残り3日で頑張ろうと思っていた。優勝できて良かった」

男子100メートル自由形を制した須田悠介(2年=湘南工大付)【写真:荒川祐史】
男子100メートル自由形を制した須田悠介(2年=湘南工大付)【写真:荒川祐史】

○男子100メートル自由形

50秒58 須田悠介(2年=湘南工大付)「持ち味はドルフィンのキレとスピードなので前半から行った。今大会は失敗を繰り返してチームに迷惑をかけてきたので、結果として恩返しすることができてうれしい」

女子400メートル個人メドレーを制した小嶋美紅(3年=近大付)【写真:荒川祐史】
女子400メートル個人メドレーを制した小嶋美紅(3年=近大付)【写真:荒川祐史】

○女子400メートル個人メドレー

4分40秒96 小嶋美紅(3年=近大付)「狙っていたタイムにも自己ベストにも全然届かなかったけど、最後のインターハイで勝てたことはうれしい。最終日で(体力的に)キツかったけど、優勝できて良かった」

男子400メートル個人メドレーを制した松本周也(3年=伊東)【写真:荒川祐史】
男子400メートル個人メドレーを制した松本周也(3年=伊東)【写真:荒川祐史】

○男子400メートル個人メドレー

4分15秒73 松本周也(3年=伊東)「キツかったです。中盤で(隣の)ライバルに抜かれて焦ったけど、逃げ切れて良かった。400は苦手な方だけど、自己ベストを出すことができたので、それは力になる」

女子400メートルメドレーリレーを制した豊川(愛知)【写真:荒川祐史】
女子400メートルメドレーリレーを制した豊川(愛知)【写真:荒川祐史】

○女子400メートルメドレーリレー

4分06秒52 豊川(愛知)

伊与田萌々(3年)「すごい緊張したけど、必死に(日大藤沢に)ついていこうと思って泳いだ」
今井月(3年)「豊川のみんなと一緒に戦うことができて幸せ。最高の仲間と最高の形で3年間を終われた」
関根澪央(2年)「私が3人の頑張りをムダにするわけにはいかないと思って泳いだ」
今井美祈(3年)「本当にうれしい。絶対、勝たないといけないと思っていたから、本当にうれしい」

男子400メートルメドレーリレーを制した京都外大西(京都)【写真:荒川祐史】
男子400メートルメドレーリレーを制した京都外大西(京都)【写真:荒川祐史】

○男子400メートルメドレーリレー

3分44秒33 京都外大西(京都)

山元悠叶(3年)「自分は1位で帰ってくることが役割。しっかりつなぐことができた」
森圭佑(3年)「(山元が)1位で帰ってきてくれたので、なるべく早く3泳に渡そうと思った」
團頌太(3年)「応援してくださっている方々、保護者の方のために全力で泳いだ」
岡本大雅(3年)「この4人でずっと日本一を狙っていた。有言実行できて良かった」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー