[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】 伊東・松本周也が「高校生キングオブスイマー」 個メ2冠「最後は死に物狂いで」

【競泳】 伊東・松本周也が「高校生キングオブスイマー」 個メ2冠「最後は死に物狂いで」

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)最終日は20日、男子400メートル個人メドレーで松本周也(3年=伊東)が4分15秒73の自己ベストで優勝。200メートルに続いて2冠を達成し、「高校生キング・オブ・スイマー」となった。

松本周也(3年=伊東)が4分15秒73の自己ベストで優勝した【写真:荒川祐史】
松本周也(3年=伊東)が4分15秒73の自己ベストで優勝した【写真:荒川祐史】

インターハイ最終日400m個人メドレー、200mとの2冠達成「練習してきたこと出せた」

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)最終日は20日、男子400メートル個人メドレーで松本周也(3年=伊東)が4分15秒73の自己ベストで優勝。200メートルに続いて2冠を達成し、「高校生キング・オブ・スイマー」となった。

 想定外のレースプランも凌ぎ切った。松本は前半2種目から快調に飛ばしたが「さらに(タイムを)上げよう」ともくろんでいた平泳ぎで隣の井狩裕貴(3年=近大付)に逆に抜かれた。しかし、マッチレースとなった最後の自由形で底力を発揮。ラスト15メートルで並びかけると、そのまま逆転し、井狩と0秒31差で先頭でゴールに飛び込んだ。

「キツかったです…」と場内インタビューの第一声で漏らした松本。「ブレストで隣に並ばれた時は結構、焦った。でも、隣には負けないと死に物狂いで、最後はもう全力を出しました」。タイムも自己ベストをマークし、200メートルに続く2冠を達成した。「400メートルは苦手な方なので、力になる。いつも練習してきたことを出せた」と笑顔だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー