[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】日大豊山、800mリレー大逆転V 吉田啓祐が5人抜き&4冠「ラスト50mは死に物狂いで」

【競泳】日大豊山、800mリレー大逆転V 吉田啓祐が5人抜き&4冠「ラスト50mは死に物狂いで」

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第3日は19日、男子800メートルフリーリレーで日大豊山(東京)が7分30秒44で優勝。400メートルフリーリレーに続いて制した。アンカーの吉田啓祐(3年)は5人抜きの大逆転を演じ、個人の200メートル、400メートルの自由形と合わせ、今大会4冠となった。

男子800メートルフリーリレーは日大豊山(東京)が7分30秒44で優勝【写真:荒川祐史】
男子800メートルフリーリレーは日大豊山(東京)が7分30秒44で優勝【写真:荒川祐史】

インターハイ第3日、アンカー吉田が3秒差をひっくり返す逆転劇

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第3日は19日、男子800メートルフリーリレーで日大豊山(東京)が7分30秒44で優勝。400メートルフリーリレーに続いて制した。アンカーの吉田啓祐(3年)は5人抜きの大逆転を演じ、個人の200メートル、400メートルの自由形と合わせ、今大会4冠となった。

アンカーの吉田啓祐(3年)は5人抜きの大逆転を演じた【写真:荒川祐史】
アンカーの吉田啓祐(3年)は5人抜きの大逆転を演じた【写真:荒川祐史】

 日大豊山が圧巻の大逆転を演じ、大接戦を制した。6位でバトンを受けたアンカー吉田は1位の四條畷学園(大阪)と3秒31差で飛び込んだ。すでに200、400メートルを制している3年生は圧巻の泳ぎを披露。一人、また一人と追い抜き、ラスト50メートルは上位3校が横並びの大混戦となったが、最後に吉田が力強く伸び、先頭で歓喜のゴールに飛び込んだ。

 2位の四條畷学園とは0秒35差。5人抜きの吉田は「うまくいって良かった。個人の200メートルでは前半突っ込まず、ラスト50メートルだけの泳ぎ。今回は前半から突っ込んだつもり。ラスト50メートルはバテそうだったけど、死に物狂いで泳いだ。800メートルリレー優勝は自分たちでも目指そうと言ってきたし、先生たちに恩返しができて良かった」と喜んだ。

 ◇インターハイの競泳は17日から4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー