[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】豊川・今井月が過ごす収穫の夏 「家族」のような仲間と奮闘「代表にはない経験」

【競泳】豊川・今井月が過ごす収穫の夏 「家族」のような仲間と奮闘「代表にはない経験」

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第3日は19日、女子100メートル平泳ぎ決勝で今井月(3年=豊川)が1分07秒41の大会新記録でこの種目3連覇を飾った。今大会は200メートル個人メドレー、400メートルフリーリレーと合わせ、3冠となった。

今井月(中央)は1分07秒41の大会新記録で女子100メートル平泳ぎ3連覇を飾った【写真:荒川祐史】
今井月(中央)は1分07秒41の大会新記録で女子100メートル平泳ぎ3連覇を飾った【写真:荒川祐史】

インターハイ第3日、100m平泳ぎ大会新記録でV3達成「収穫あるレースだった」

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第3日は19日、女子100メートル平泳ぎ決勝で今井月(3年=豊川)が1分07秒41の大会新記録でこの種目3連覇を飾った。今大会は200メートル個人メドレー、400メートルフリーリレーと合わせ、3冠となった。

 今井が収穫の夏を送っている。スタートから勢い良く飛び出し、32秒02の好タイムで折り返すと、後半もきっちりとまとめ、大会記録を0秒3更新する1分07秒41で優勝。この種目3連覇を飾った。「3連覇できたことは良かった。6秒台を狙っていたけど、安定したタイムが出せるようになった。収穫のあるレースだった」と一定の手応えを掴んだ様子だ。

「平泳ぎも成長しているかなと思う。前半(の32秒02)はベストラップだと思うし、キックもかかるようになってきた。手足のバランスを合わせるのが難しかったけど、練習中からだんだんとできるようになってきた」と課題の一つだった平泳ぎに成長を実感し、表情も明るかった。

インターハイでの今井は積極的なレースが際立つ【写真:荒川祐史】
インターハイでの今井は積極的なレースが際立つ【写真:荒川祐史】

 今大会は積極的なレースが際立つ。初日(17日)の200メートル個人メドレーも前半から果敢に飛ばし、大会新記録で優勝した。今年は代表を逃し、高校生相手の戦いとなってことで思い切ったレースができている。積極性について「今後につながるレースができている。1日4種目はキツイけど、メンタル的に成長しているし、代表ではできない経験もできている」と前向きだ。

 この夏はチームの大切さを実感している。直後の800メートルフリーリレーでは目標通りの銅メダル獲得に貢献。1、2年当時は代表に加わり、夏に向けて一緒に練習できなかったが、最後の夏は初めて一緒に日々汗を流しながら、高め合ってきた。「家族のように思っている仲間と泳げる最後のインターハイ。総合優勝を目指しているので、貢献したい」と完全燃焼を誓った。

 ◇インターハイの競泳は17日から4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー