[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【飛込】熱い夏のライバルストーリーは続く、逆転負けの中秀太郎は高飛込へ「優勝しかない」

【飛込】熱い夏のライバルストーリーは続く、逆転負けの中秀太郎は高飛込へ「優勝しかない」

全国高校総合体育大会(インターハイ)は18日、男子3m飛板飛込で西田玲雄(3年=桃山学院高)が初優勝を飾った。2年前のチャンピオン中秀太郎(3年=小松市立)は終盤で逆転を許し、2年連続の2位に終わった。

男子3m飛板飛込は西田玲雄(3年=桃山学院高)が初優勝を飾った【写真:山田智子】
男子3m飛板飛込は西田玲雄(3年=桃山学院高)が初優勝を飾った【写真:山田智子】

男子3m飛板飛込で西田が優勝、大技失敗の中は2年連続の2位

 全国高校総合体育大会(インターハイ)は18日、男子3m飛板飛込で西田玲雄(3年=桃山学院高)が初優勝を飾った。2年前のチャンピオン中秀太郎(3年=小松市立)は終盤で逆転を許し、2年連続の2位に終わった。

 9回目の演技を終えて、トップに立っていたのは中。「あまり得意ではない」という制限選択飛でライバルの西田を上回って終始リードを保つと、残り2回の試技を残して12.35の点差をつけていた。ここで中は、今大会最高難易率3.5の大技、307C(前逆宙返り3回半抱型)に挑んだ。

 飛込競技は、体操やフィギュアスケートのようにそれぞれの技は難易度が定められており、演技の難易度と完成度の双方で得点が決まる。審判員が、踏切、空中演技、入水を総合的に採点した点数に、技の「難易率」を掛けたものが演技の得点になる。難易率の高い演技を成功させれば高得点に繋がるが、失敗して審判の評価が低ければ、難易率の低い技より得点が伸びないこともある。

「失敗しないイメージもあり、身体的にもいい状態だった。助走も踏切も、空中演技も悪くなかったが、最後に見る位置(身体を伸ばす位置)が少し遅れて、回りすぎてしまった」

 中は優勝を引き寄せるはずの決め技で、入水が乱れて得点が伸ばせず2位に後退。「307Cを失敗した時点でまずいと思った。最後は西田君、(3位の)金子君(舜汰・3年=青山学院)の得意な演技なので、少し意識してしまった。最後に決めきれないのが、今の自分の実力」と最終演技でもミスが出て、西田に1.9点及ばず悔し涙を流した。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー