[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】インハイ2種目で同着V、場内どよめき 女子2年生決着は「仲良く優勝分かち合えた」

【競泳】インハイ2種目で同着V、場内どよめき 女子2年生決着は「仲良く優勝分かち合えた」

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第2日は18日、8種目で決勝が行われ、うち2種目で同着優勝となった。

男子50メートル自由形は今野太介(3年=羽黒)と末永亨馬(3年=麻生総合)が同着優勝【写真:編集部】
男子50メートル自由形は今野太介(3年=羽黒)と末永亨馬(3年=麻生総合)が同着優勝【写真:編集部】

男子50m自由形と女子100m背泳ぎの決勝2レースで同タイム決着

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第2日は18日、8種目で決勝が行われ、うち2種目で同着優勝となった。

 まずは男子50メートル自由形だ。浮き上がってトップに立った4レーンの今野太介(3年=羽黒)が猛然と逃げるが、5レーンの末永亨馬(3年=麻生総合)が追い上げる。ラスト5メートルでほぼ並び、壮絶なデッドヒートの末にタッチ。電光掲示板に表示されたのは「23.20」の同タイムだった。

 そろって自己ベストをマークし、場内インタビューに立った今野は「浮き上がったら出ていたので勝ったかなと思ったけど、タッチの瞬間に隣にいて焦った。でも、1着で良かったです」といえば、末永は「浮き上がりが自分は下手なので、そこからが自分の泳ぎをすることができた」と振り返った。

女子100メートル背泳ぎは城戸佑菜(2年=日大藤沢)と片桐珠実(2年=淑徳巣鴨)が同着優勝【写真:編集部】
女子100メートル背泳ぎは城戸佑菜(2年=日大藤沢)と片桐珠実(2年=淑徳巣鴨)が同着優勝【写真:編集部】

 今度は女子100メートル背泳ぎ。5レーンの城戸佑菜(2年=日大藤沢)が50メートルをトップで折り返し、それを4位から片桐珠実(2年=淑徳巣鴨)が追う。またしてもゴール寸前で並び、そのままゴール。「1.02.37」の同タイムが表示され、この日2度目の同着Vに場内もどよめきが起きた。

 前半から引っ張った城戸は「自分は前半しかないと思っていた。持ち味を生かすことができた」と振り返り、追い上げた片桐は「隣が見えていて絶対抜かしてやろうと。でも、2人で仲良く優勝を分かち合えて良かったです」と同学年同士の金メダル2個に初々しく笑みをこぼしていた。

 ◇インターハイの競泳は17日から4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー