[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【競泳】中京大中京・石川愼之助「オレ、カッコイイ~?」 “あったかい”地元で200mバタV

【競泳】中京大中京・石川愼之助「オレ、カッコイイ~?」 “あったかい”地元で200mバタV

全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第2日は18日、男子200メートルバタフライで石川愼之助(3年=中京大中京)が自己ベストを大幅に更新する1分57秒79で優勝した。

男子200メートルバタフライで優勝した石川愼之助(3年=中京大中京)【写真:編集部】
男子200メートルバタフライで優勝した石川愼之助(3年=中京大中京)【写真:編集部】

インターハイ、場内インタビューで喝采「愛知県、あったかいなあ」

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第2日は18日、男子200メートルバタフライで石川愼之助(3年=中京大中京)が自己ベストを大幅に更新する1分57秒79で優勝した。

 自分が一番びっくりの優勝だった。石川は前半から力強く飛び出すと、そのまま危なげなく逃げ切った。予選でマークした自己ベストをさらに1秒以上更新する快記録。大会前の自己ベストは2分0秒台で一気にタイムを縮めた。レース後は「この種目の優勝は正直、狙っていなかった。100にいい感じでつなげられればと思っていたけど、まさかこんなタイムで優勝できるなんて思っていなかった。すっげーうれしいです」と目を丸くしながら、笑みをこぼした。

 100メートルの強化が躍進につながった。「自分の中では100、200の(順番の)位置づけでやっていた。100の滑らかさを求めてやってきた」。100メートルを入念に泳ぎを見直していたが、本職のレースを前に早くも成果が出た格好だ。「200と100は全くの別物。100ではどのくらい出るかはわからないけど、自信になります」と胸を張った。

 名門・中京大中京の主将だ。「勉強ができる方じゃないし、頼りないキャプテンだと思う」と笑うが、チームに対する思いは熱い。「団体が弱くなったと言われているけど、個人で活躍して貢献したい。戦っている姿勢を示していければいい」。プレッシャーを力に変えることができるという強心臓は、大舞台で力を存分に発揮してみせた。

 地元・愛知で行われる今大会。レース後の場内インタビューでは地元を盛り上げたいと語っていたことを振られ、「オレ、カッコイイ~?」と場内に呼びかけ、喝采を浴びる場面も。プール内外で盛り上げた石川は「愛知県、あったかいなあって思いました」と笑った。熱い声援を背に、さらに地元を盛り上げる。

 ◇インターハイの競泳は17日から4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー