[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【サッカー】「自分たちが主役の大会」へ 進化が止まらない山梨学院のエースFW宮崎純真とは

【サッカー】「自分たちが主役の大会」へ 進化が止まらない山梨学院のエースFW宮崎純真とは

進化が止まらない。全国高校総体(インターハイ)男子サッカー競技は、11日に準々決勝を迎える。勝ち残った山梨学院(山梨)では、エースFW宮崎純真(3年)が強い輝きを放っている。1回戦と3回戦で得点。優勝候補の一角、市立船橋(千葉第2)を破った2回戦でも得点につながる突破を見せた。

山梨学院(山梨)で輝きを放つエースFW宮崎(3年)【写真:平野貴也】
山梨学院(山梨)で輝きを放つエースFW宮崎(3年)【写真:平野貴也】

8強進出の山梨学院を牽引する注目ストライカー

 進化が止まらない。全国高校総体(インターハイ)男子サッカー競技は、11日に準々決勝を迎える。勝ち残った山梨学院(山梨)では、エースFW宮崎純真(3年)が強い輝きを放っている。1回戦と3回戦で得点。優勝候補の一角、市立船橋(千葉第2)を破った2回戦でも得点につながる突破を見せた。

 1年次からドリブルの推進力は目立っていたが、最高学年を迎えて攻撃の起点としての存在感は、大きく増した。市立船橋戦では、相手の守備ラインとの駆け引きから、少し下がってパスを呼び込み、ターンやドリブルキープでチーム全体が攻撃に移る時間を作り続けた。安部一雄監督も「彼にボールが入ったときに、攻撃のスイッチが入る」と認める、キープレーヤーだ。前半23分に生まれた、この試合の唯一のゴールは、味方DFからのパスを受けた宮崎がドリブルで仕掛け、パスが相手に当たったボールを、味方MFが押し込んだものだった。

 宮崎は「自分のところでボールを収めて、スピードを上げてカウンターを仕掛ける流れで、ボールを収められて良かった。1年のときは、あまり余裕がなかった。でも、昨年、今年と(高円宮杯U-18)プリンスリーグ関東で強い相手と戦って、分かって来て、自信になった。だから、市立船橋が相手でも臆することなく仕掛けられた」と手ごたえを話した。プリンスリーグ関東は、昨冬の全国高校選手権を制した前橋育英(群馬)や、今夏の日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で準優勝した大宮アルディージャユースなど強豪がひしめくリーグで、全国のプリンスリーグの中で最もハイレベルと言われている。宮崎は、7月に5-2で勝った東京ヴェルディユース戦でハットトリックを達成。自陣ゴール前から相手ゴール前まで単独で持ち運んでシュートを決める場面もあり、自信を深めてきた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー