[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【サッカー】V候補・青森山田も撃破 「思い切り」を手にした昌平、大津との大一番を越えられるか

【サッカー】V候補・青森山田も撃破 「思い切り」を手にした昌平、大津との大一番を越えられるか

持たせておけばいい。ゴール前をがっちりと固め、守備ブロックの外側で相手にパスを回させる。そして、ブロックの隙間に入って来たら、狭いスペースで相手を潰してボールを奪い、一気にカウンターを仕掛ける――そんなサッカーに何度苦しめられて来ただろう。埼玉県第1代表として全国高校総体(インターハイ)の男子サッカー競技に出場している昌平は、卓越したパスワークを誇りながら、得点を奪い切れずに敗れる悔しさを何度も味わって来たチームだ。相手にボールを与えず、一方的に支配する技術と戦術を持つ一方、決定力を欠き、カウンターやセットプレーに泣く試合も少なくない。

2回戦でミドルシュートを決めて喜ぶ、昌平高の渋谷航平(3年)【写真:平野貴也】
2回戦でミドルシュートを決めて喜ぶ、昌平高の渋谷航平(3年)【写真:平野貴也】

インターハイ男子サッカー、苦手パターンの克服が見えて来た昌平、過去最高4強へ

 持たせておけばいい。ゴール前をがっちりと固め、守備ブロックの外側で相手にパスを回させる。そして、ブロックの隙間に入って来たら、狭いスペースで相手を潰してボールを奪い、一気にカウンターを仕掛ける――そんなサッカーに何度苦しめられて来ただろう。埼玉県第1代表として全国高校総体(インターハイ)の男子サッカー競技に出場している昌平は、卓越したパスワークを誇りながら、得点を奪い切れずに敗れる悔しさを何度も味わって来たチームだ。相手にボールを与えず、一方的に支配する技術と戦術を持つ一方、決定力を欠き、カウンターやセットプレーに泣く試合も少なくない。

 しかし、今大会では新たな武器を持ち、スキルフルなサッカーに得点力を上乗せして勝ち上がっている。8日に行われた2回戦は、観戦者を驚かせるレベルの試合に打ち勝った。相手は、優勝候補の一角に名が挙がる青森山田(青森)。高校年代の最高峰である高円宮杯U-18プレミアリーグEASTで2位につける強豪だ。試合の立ち上がりは、青森山田の鋭く力強いプレッシングにボールを奪われ、押し込まれた。前半14分までに2失点。前半終了間際にワンツーで相手の守備を崩して1点を返したが、後半に入ると相手が守備的な戦いを見せ始めた。

 ただ、序盤からミドルシュートを積極的に飛ばしていた昌平には、これまでのように打ち切れずに敗れる流れは存在しなかった。後半17分、MF渋谷航平(3年)が目の覚めるような右足ミドルシュートを豪快にたたき込んだ。藤島崇之監督も「試合を通して、選手の判断が磨かれていて、迷いがなかった。普段、打たないだろと思うような渋谷のシュートも、思い切りが良かった」と驚き、わずかな隙を射抜いた得点だった。渋谷は「縦パスを入れた後、ほかの選手がシュートまで行くかなと思ったけど、中央にボールが入った瞬間、あっ、これ自分のパターンだなと感じた。右足でダイレクト。蹴った瞬間に来たなという感触があって、相手選手の股下を抜けて良いコースに飛んだ」と喜んだ。

 渋谷の同点ゴールで勢いを増した昌平は、さらに2点を奪って4-2で強敵に打ち勝った。苦手パターンの克服が見えて来たと言える。翌9日の3回戦でも札幌大谷(北海道第1)に2点差から3-2で逆転してみせた。11日に行われる準々決勝では、U-18日本代表2人を擁する大津(熊本)と対戦する。勝てば、松本泰志(広島)、針谷岳晃(磐田)を擁して初出場で4強入りした2016年に並ぶ過去最高成績となる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー