[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【バスケ】創部5年目で初優勝、開志国際の偉業の裏にある悔しさ 「自分らの代は全部勝ちたい」

【バスケ】創部5年目で初優勝、開志国際の偉業の裏にある悔しさ 「自分らの代は全部勝ちたい」

2日から6日間に渡り激戦が繰り広げられてきた全国高校総体(インターハイ)の男子バスケットボールは7日にいよいよファイナルを迎えた。勝てばともに初優勝となる、地元・愛知代表の中部大第一と、創部5年目で2度目の出場となる開志国際(新潟)だ。

創部5年目で2度目の出場でインハイ初優勝を果たした開志国際【写真:山田智子】
創部5年目で2度目の出場でインハイ初優勝を果たした開志国際【写真:山田智子】

インターハイ男子バスケ決勝、開志国際が初優勝

 2日から6日間に渡り激戦が繰り広げられてきた全国高校総体(インターハイ)の男子バスケットボールは7日にいよいよファイナルを迎えた。勝てばともに初優勝となる、地元・愛知代表の中部大第一と、創部5年目で2度目の出場となる開志国際(新潟)だ。

 先手を取ったのは、開志国際だった。「自分たちはアウェーなので、引かないで最初から前に進んでいこうとみんなで話していた」と小池文哉主将(3年)が語った通り、シラ・エルハジ・アサン(3年)のバスケットカウント、小栗瑛哉(3年)の3Pシュートで、6-0と先手を取った。

 一方でやや堅さの見られた中部大第一だったが、「中村拓人の不在で成長した」と常田健コーチが評するPG井戸光邦(3年)らを投入して流れを引き戻すと、15-16と1点差まで追い上げ第1Pを終えた。

 第2Pも第1Pの勢いに乗り、一次は中部大第一が逆転するが、その後は両チーム共に得点が伸びず重い展開が続く。だが開志国際の和田蓮太郎(3年)がファストブレイクで停滞したムードを打ち破ると、開志国際が35-28と突き放して前半を折り返した。

 第3Pは開志国際のジェフ・ユセフ(2年)が3つ目のファウルでベンチに下がると、中部大第一が得意の速いオフェンスで反撃。4分に矢澤樹(3年)の3Pシュートで再び逆転に成功。しかしその後は両チーム共にディフェンスが勝り、得点が続かない。終盤、中部大第一はアサンがリバウンドでリードすると、開志国際は小池が鋭いドライブで食らいつき、46-46の同点で勝負は最終Pにもつれ込んだ。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー