[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【サッカー】東福岡、179センチ“10番”が190センチFW封じる 交代に追い込み「気持ちよかった」

【サッカー】東福岡、179センチ“10番”が190センチFW封じる 交代に追い込み「気持ちよかった」

全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技大会は7日に三重県で開幕し、東福岡高校(福岡)は2-1で矢板中央高校(栃木)を破って2回戦に駒を進めた。立ち上がり、攻守にわたって積極性を見せた東福岡の先制パンチが効いた。守備で魅せたのが、10番を背負う篠田だった。

守備で魅せた10番を背負う東福岡のボランチ篠田憲政【写真:平野貴也】
守備で魅せた10番を背負う東福岡のボランチ篠田憲政【写真:平野貴也】

インターハイ男子サッカー1回戦、ボランチ篠田の活躍で矢板中央撃破

 190センチの長身を誇るFWに合わせたロングボールが飛んだ。相手のセンターバックと競り合うシーンになるだろう。カメラ越しに注目していると、高く跳び上がったのは、東福岡のボランチ篠田憲政だった。身長は179センチ。対する矢板中央のFW望月謙は、190センチ。10センチ以上の身長差があったが、勝ったのは篠田だった。前線で誤算の生まれた矢板中央は、後手に回った。

 全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技大会は7日に三重県で開幕し、東福岡高校(福岡)は2-1で矢板中央高校(栃木)を破って2回戦に駒を進めた。立ち上がり、攻守にわたって積極性を見せた東福岡の先制パンチが効いた。守備で魅せたのが、10番を背負う篠田だった。

 矢板中央は、堅守速攻が持ち味。前線の望月をターゲットにロングボールを蹴り込んで、こぼれ球からの二次攻撃を狙った。ところが「組み合わせが決まってから、彼を気にしていた。きっと勝てると思っていた」という篠田が、空中戦を制圧。相手のリズムを崩すことに成功。東福岡は前半14分に先制し、試合を優位に展開。後半、追加点を奪った後に1点を返されたが、2-1で勝ち切った。

 望月が篠田に競り負けたことは、矢板中央にとっては大きな誤算だった。同校の高橋健二監督は「最初が、バタバタしてしまった。(望月)謙が消されてしまったので、早めに交代させた」と悔しい胸中を明かした。元々、競り合いに強く上手さもあるFW大塚尋斗、技術に優れたレフティーの飯島翼を控えに回し、後半勝負を考えていただけに、立ち上がりに圧倒されて失点を喫した展開は痛かった。

 引き出される形になった交代策は、機能するのに時間を要した。望月は前半30分で交代。元々、身長は高いが、空中戦よりも抜け出しを得意とするタイプ。ほかの活躍を期待して残す方法もあったが、交代策の用意があったため早めの交代が決断された。東福岡の篠田は、相手のキーマンを封じて交代に追い込み「気持ち良かった」と充実感をのぞかせた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー