[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【サッカー】国学院久我山、DF井上の「奇跡的に決まった」ミドル弾から16分間で3発ゴールラッシュ

チームメイトは「正直、マジかと思いました」と言った。打った本人も、仲間も、監督も驚いた。ゴール左に決まった鋭利なミドルシュートが、大量点の口火となった。全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会が7日に三重県で開幕し、国学院久我山(東京第2)は3-0で神戸弘陵(兵庫)を破って1回戦を突破した。

国学院久我山は3-0で神戸弘陵を破って1回戦を突破【写真:平野貴也】
国学院久我山は3-0で神戸弘陵を破って1回戦を突破【写真:平野貴也】

インターハイ男子サッカー1回戦、国学院久我山が3発快勝

 チームメイトは「正直、マジかと思いました」と言った。打った本人も、仲間も、監督も驚いた。ゴール左に決まった鋭利なミドルシュートが、大量点の口火となった。全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会が7日に三重県で開幕し、国学院久我山(東京第2)は3-0で神戸弘陵(兵庫)を破って1回戦を突破した。

 前半16分の先制弾が、チームに流れを呼び込んだ。中盤から右に展開した攻撃場面、攻め上がって来た右DF井上翔太(3年)が縦のワンツーでフリーになると、低く鋭いミドルシュートを決めて先制した。井上は「気持ち良かったです。点を決めるのは、久しぶり。今季は初めて。この舞台で決められて最高でした」と満面の笑みを浮かべた。

 全国大会の初戦でトーナメント形式。どんなに強いチームも、優秀な選手も動きが硬くなる舞台だ。リードを得て緊張感から解き放たれた国学院久我山は、水を得た魚だった。元々、技術と戦術理解に定評のあるチーム。焦ってボールを奪い返そうとする相手の気持ちを逆手に取り、得意のコンビネーションで攻撃を加速させた。

 先制から2分後、高い位置でボールを奪ったFW戸坂隼人(2年)は、相手が奪いに来るタイミングでひょいと浮き球のパスを縦に送り、走り込んだFW宮本稜大(3年)が豪快に追加点をたたき込んだ。さらに前半32分、左サイドを崩してクロスを送り、宮本がゴール前に残したボールをMF福井寿俊(3年)がゴールへ叩き込んで3点目を奪い、前半で勝負を決めた。

 中盤の底から攻撃を組み立てるMF高橋黎(3年)は「最初はすごく緊張しちゃって、チームとしても動きが硬かったけど、翔太が1点決めてくれて、そこからは押し込まれる時間帯もあったけど、自分たちのペースで出来た」と、先制点の効果を明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集