[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【サッカー】阪南大高を勝利に導く2得点の主将 しかし指揮官が「ようわからんですね」と嘆くワケ

【サッカー】阪南大高を勝利に導く2得点の主将 しかし指揮官が「ようわからんですね」と嘆くワケ

豪快な追加点を決めた主将の評価を聞くと、指揮官は頭をかいた。「よう分からんですね」

阪南大高は瀬戸内を下したが、濱田豪監督は決して手放しで喜ばなかった【写真:平野 貴也】
阪南大高は瀬戸内を下したが、濱田豪監督は決して手放しで喜ばなかった【写真:平野 貴也】

インターハイ男子サッカーが開幕、阪南大高は瀬戸内に勝利

 豪快な追加点を決めた主将の評価を聞くと、指揮官は頭をかいた。

「よう分からんですね」

 全国高校総体(インターハイ)サッカー競技大会が7日に三重県で開幕し、阪南大高(大阪第2)は3-1で瀬戸内(広島)を下した。後半にPKを含めて2得点を奪ったのは、主将の和田育(3年)。アディショナルタイムに決めた、豪快なミドルシュートは見事だった。しかし、濱田豪監督は、手放しで喜ばなかった。むしろ、和田に高い期待をかけているからこそ、納得していなかった。

「本当に分からんですね。悪い奴じゃないんで、そういう意味ではないんですけど。相手との組み合わせをこっちで考えてあげないと、良さが発揮できない。自分でうまくスペースを見つけたり、判断ができたりする選手にならないといけない。自分で良い状況のオンザボールを作らないといけないのは、チーム事情があるので、かわいそうな部分もある。もっと味方が良い展開をしてくれて、アイツに良い状態でオンザボールになったときは、あれぐらいやれる選手」(濱田監督)

 能力の高さは、前回大会でも証明していた。市立船橋高(千葉)との対戦で活躍。推進力のあるドリブルと、パンチの効いたクロスやシュートは、相手の脅威になっていた。だが、濱田監督はチームスタイルによって良く見えている部分が強く、弱点が見えにくくなっていたことを鋭く指摘した。

「昨年のチームは守備に3年生が並んでガチッとしたチームだったので、それがフィットして和田が中心に見えたでしょうけど、もっと前に人数をかけて攻撃するチームにおいては、あの子は違う動きも覚えないと。その辺は、下手」(濱田監督)

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー