[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【バスケ】歴史作った四日市商、エース不在が奏功“全員バスケ”で旋風「冬こそ日本一へ」

四日市商(三重)が、「走る、守る、粘る」バスケでチームの歴史を塗り替えた。

ベスト4へ駆け上がった四日市商【写真:山田智子】
ベスト4へ駆け上がった四日市商【写真:山田智子】

インターハイ女子バスケ準決勝、公立勢7年ぶり4強の四日市商は桜花学園に敗戦

 四日市商(三重)が、「走る、守る、粘る」バスケでチームの歴史を塗り替えた。全国高校総体(インターハイ)、四日市商は3回戦で第2シードの大阪薫英女学院(大阪)に、残り27秒から逆転勝利を収めて勢いに乗ると、続く準々決勝でも、東京成徳大高(東京)を第4Pで逆転。チームの目標であり、“泗商(ししょう)”史上最高となるベスト4へと駆け上がった。インターハイ女子バスケット競技で公立高校がベスト4入りを果たすのは、第64回大会(2011年)で優勝した金沢総合(神奈川)以来7年ぶりだ。

「メダルをもらうのはバスケットボール人生で初めてです。重いですね」

 準決勝で桜花学園(愛知)に敗れたが、キャプテンの井谷彩良(3年)は取材中ずっと愛しそうにメダルを抱え、その感触を確かめていた。「今までに見たことのない景色が見られてうれしい。でもここで満足することなく、もっと上を目指したいです」

「このチームは絶対的なエースはいないが、逆にどこからでも点が取れる。(相手にとって)ここを捨てていいというチームになっていない」と横山俊幸コーチは『全員バスケット』を快進撃の要因のひとつに挙げる。事実、1回戦、2回戦は5人が二桁得点、準決勝でも、15得点12リバウンドをマークしたキャプテンの井谷を筆頭に、4人が二桁得点を記録した。

 14得点15リバウンドを奪った堀江ゆうみ(3年)も「3年生はキャプテンシーのある人がいない。だからこそ全員がキャプテンという気持ちでやることで、こういうチーム力が生まれたんだと思う」と分析する。

 その中でも、やはり中心はキャプテンの井谷だった。「普段は、キャプテンシーがなく、怒られてばかりの3年生の中でも、一番頼りない」(堀江)と評される井谷だが、コートの中では一変。強気のプレーでチームを牽引する。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集