[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【バスケ】2年ぶりVへ桜花学園が八雲学園との強豪対決制し4強入り ズバリ嵌った作戦とは

74-48。地元で2年ぶりの優勝を目指す桜花学園(愛知)と関東女王・八雲学園(東京)の全国高校総体(インターハイ)バスケットボール女子準々決勝は、26点という思わぬ大差となった。

地元で2年ぶりの優勝を目指す桜花学園は八雲学園に圧勝した【写真:山田智子】
地元で2年ぶりの優勝を目指す桜花学園は八雲学園に圧勝した【写真:山田智子】

桜花学園は2年ぶりVへ、関東女王を大差で撃破し4強入り

 74-48。地元で2年ぶりの優勝を目指す桜花学園(愛知)と関東女王・八雲学園(東京)の全国高校総体(インターハイ)バスケットボール女子準々決勝は、26点という思わぬ大差となった。

 第1Pは一進一退のつばぜり合いが続いたが、第2Pの立ち上がりに、坂本雅(3年)のスティールからモハメド早野夏(3年)が決めて波に乗ると、平下愛佳(2年)が2本の3Pシュートを含む二桁得点を挙げて、前半を終えて36-22と八雲学園を一気に突き放す。八雲学園は吉田眞子(2年)の3Pシュートや奥山理々嘉(3年)のインサイドプレーで反撃を試みるが、最後まで劣勢を覆せず、タイムアップを迎えた。

 勝因は、日本代表候補にも選出された“超高校級”の奥山を擁し、抜群の得点力を誇る八雲学園を48点に抑えた、堅いディフェンスだった。桜花学園の井上眞一コーチは「(奥山が)ポストアップしてくる前に止める練習をした」と明かす。

 大会前に怪我をしたエース・伊森可琳(3年)に代わり、奥山封じの大役を任された、U-17日本代表にも名を連ねる平下は、「最初は『守れるかな』と思った。前半はボディチェックで(ゴール下に入ることを)けっこう止めることができた。(奥山は)右のドライブが多いので、右に寄るようにしたら、ドライブを止めることができた」と会心の笑顔を見せた。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集