[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【バスケ】中部大第一、「おんぶにだっこ」を破れ エース不在で見える「計り知れない力」

全国高校総体(インターハイ)のバスケットボール男子の2回戦が3日、愛知・一宮市総合体育館などで開催された。1回戦でともに100点ゲームを演じた正智深谷(埼玉)と中部大第一(愛知)が激突した2回戦屈指の好カードは、インサイドを制圧した中部大第一が2戦連続となる100ゲームで大勝を収めた。

中部大第一が2戦連続となる100点ゲームで大勝を収めた【写真:山田智子】
中部大第一が2戦連続となる100点ゲームで大勝を収めた【写真:山田智子】

インターハイ男子バスケ2回戦、2戦連続100点ゲームで大勝

 全国高校総体(インターハイ)のバスケットボール男子の2回戦が3日、愛知・一宮市総合体育館などで開催された。1回戦でともに100点ゲームを演じた正智深谷(埼玉)と中部大第一(愛知)が激突した2回戦屈指の好カードは、インサイドを制圧した中部大第一が2戦連続となる100点ゲームで大勝を収めた。

「出だしはいつも悪いので」と中部大第一の矢澤樹(3年)が語ったように、序盤は正智深谷が勝山大輝(3年)の3Pシュートや石橋柊(3年)のドライブで先手を取る。しかし、第1Pの残り4分にバトゥマニ・クリバリ(2年)がコートに入ると、流れは一変。身長205センチのセンターがインサイドの制空権を支配し、リバウンド、ダンクと10連続得点。中部第一が24-21と逆転して第1Pを終える。

 第2Pもクリバリが攻守に渡り存在感を発揮。守備ではブロックショットで正智深谷の得点を阻止すれば、リバウンドを制して、中部第一らしい「ディフェンスからのブレイク」をお膳立て。中部大第一が正智深谷を突き放す。

 15点リードして迎えた後半、中部大第一の攻撃は加速する。ワンタッチの速いパス回しで相手を揺さぶり、最後はゴール下のバクリバリやブバカー・ンディアイエが得点。矢澤、井戸光邦らがリングに積極的にアタックし、外れてもゴール下でクリバリやンディアイエがセカンドチャンスを決める。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集