[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【ホッケー】岐阜各務野、地元Vへあと2勝 日焼け顔で決意「暑さに負けない走力にも自信がある」

【ホッケー】岐阜各務野、地元Vへあと2勝 日焼け顔で決意「暑さに負けない走力にも自信がある」

全国高校総体(インターハイ)のホッケーは30日、男女準々決勝が行われ、男子では開催地の岐阜総合学園(岐阜)は御殿場西(静岡)に2-1、女子代表の岐阜各務野(岐阜)が築館(宮城)に6-0で快勝し、ともに準決勝に駒を進めた。ベスト4は男女ともに昨年と同じ顔ぶれとなった。

岐阜各務野は快勝で準決勝に駒を進めた【写真:山田智子】
岐阜各務野は快勝で準決勝に駒を進めた【写真:山田智子】

インターハイ女子ホッケー、築館に6-0快勝で4強入り

 全国高校総体(インターハイ)のホッケーは30日、男女準々決勝が行われ、男子では開催地の岐阜総合学園(岐阜)は御殿場西(静岡)に2-1、女子代表の岐阜各務野(岐阜)が築館(宮城)に6-0で快勝し、ともに準決勝に駒を進めた。ベスト4は男女ともに昨年と同じ顔ぶれとなった。

 35度を超える暑さの中で行われた岐阜各務原と築館の準々決勝。第1Qの立ち上がりこそ、築館の勢いに押されたが、13分にペナルティーコーナー(PC)から森遼名(3年)が強烈なヒットシュートを撃ち抜いてネットを揺らすと、その後は終始岐阜各務野ペースに。

 第2Q、21分には「昨日はチームのために何もできなくて悔しい思いをしたので、今日は自分が決めようという気持ちがあった。一緒に組んでいる2人のFW(五島希・2年、水野百華・3年)は小手先の技術が高いので、細かいところは2人に任せて、自分はゴール前の身体がぶつかるシーンで活きようと思っている」と話す172センチの長身FW河合珠音(3年)が、五島千那美(3年)からのパスをディフェンスに倒されながらもねじ込んでリードを広げる。さらに森が再びPCから決めて、3-0で前半を折り返す。

「準決勝、決勝は強豪とあたるので、明日からのイメージを作れるように、色々な攻撃のバリエーションを試した」(河合)という岐阜各務野は、後半、さらに多彩な攻撃で圧倒する。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー