[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【バレーボール】市尼崎が2時間超死闘制し涙の初優勝! 鎮西、洛南とV候補を立て続けに破る

【バレーボール】市尼崎が2時間超死闘制し涙の初優勝! 鎮西、洛南とV候補を立て続けに破る

全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の決勝が30日、三重県内で行われ、市尼崎(兵庫)が洛南(京都)を3-2(25-21、35-33、22-25、14-25、22-20)で破り、初優勝を飾った。

優勝を喜ぶ市尼崎高のメンバー【写真:編集部】
優勝を喜ぶ市尼崎高のメンバー【写真:編集部】

インターハイ男子バレーボール決勝、市尼崎が関西対決制し初優勝

 全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の決勝が30日、三重県内で行われ、市尼崎(兵庫)が洛南(京都)を3-2(25-21、35-33、22-25、14-25、22-20)で破り、初優勝を飾った。

 まさに死闘だった。市尼崎が第1セットを先取して迎えた第2セットは、両チーム一歩も譲らない大激戦。24-23のセットポイントから、取られては取り返す一進一退の展開も、最後は34-33から宮城テリーク(3年)が決めて、セットカウントを2-0とした。

 市尼崎が王手をかけたが、14年ぶりの優勝を目指す洛南も譲らない。第3、4セットを奪い返し、勝負は最終セットへ突入。先にマッチポイントを迎えたのは洛南だったが、市尼崎が驚異の粘りを発揮。22-20でこのセットを取り、2時間を超える白熱の一戦をものにした。

 準決勝で連覇を狙ったV候補・鎮西(熊本)を、そして決勝でも洛南と、今大会の2強と目されていた強敵を連破しての頂点。安井恒介主将(3年)は「学校にとっての初優勝なので、本当にうれしいです。最終セットは今までやってきたことを全部出そうと思ってやりました」と目を赤くすれば、就任29年目の藤原和典監督も「ここまで長かった。色々な思いがこみ上げてきました」と涙をぬぐった。

◇インターハイの男子バレーボールは7月27日より4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー