[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【ホッケー】岐阜総合学園、5-0完封発進も 想像を超えた“地元の緊張感”「みんな固まっていた」

【ホッケー】岐阜総合学園、5-0完封発進も 想像を超えた“地元の緊張感”「みんな固まっていた」

全国高校総体(インターハイ)は29日、ホッケー男子2回戦が岐阜・川崎重工ホッケースタジアムで開催され、地元の岐阜総合学園(岐阜)が巻総合(新潟)を5-0で下し、初陣を飾った。

ホッケー男子2回戦は地元の岐阜総合学園が巻総合を下した【写真:山田智子】
ホッケー男子2回戦は地元の岐阜総合学園が巻総合を下した【写真:山田智子】

インターハイ男子ホッケー2回戦、巻総合を5-0で下して完封発進

 全国高校総体(インターハイ)は29日、ホッケー男子2回戦が岐阜・川崎重工ホッケースタジアムで開催され、地元の岐阜総合学園(岐阜)が巻総合(新潟)を5-0で下し、初陣を飾った。

 黄色と青のTシャツに身を包んだ大応援団がスタンドを埋め尽くした。その地元の大声援に応えたい岐阜総合だったが、想像を超える緊張感が選手の動きを重くする。「初戦というのもあるし、開催地というのもあって、みんな固まっていた。普段と全然違った」(澤井裕成 3年)

 第1Q、岐阜総合は9分、12分、13分と立て続けにペナルティーコーナー(PC)のチャンスを得るが、巻総合の堅守を崩せず得点には至らない。

 先制点が遠く、「焦りもあった」(澤井)という第2Qの24分、PCの流れからペナルティシュート(PS)を獲得。これを澤井が落ち着いて決めて、待望の先制点を奪う。

 これで硬さがとれた岐阜総合は、続く25分にも左からのボールをDF成木優(3年)が押し込んで、2-0で前半を終える。

 ハーフタイムに「後ろでボールを回してばかりで、これじゃダメだ。もっと前に行け」と酒井健之監督から檄を飛ばされた岐阜総合イレブンは、FW澤井を中心に積極的に攻撃を仕掛ける。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー