[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【バレーボール】足がつっても“交代拒否” 鎮西、高校バレー界最高のスターが見せた“エースの矜持”

【バレーボール】足がつっても“交代拒否” 鎮西、高校バレー界最高のスターが見せた“エースの矜持”

全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の準々決勝が29日、三重県内で行われ、4強が出そろった。前年覇者で、春高バレーも制している絶対王者・鎮西(熊本)は東福岡(福岡)に第1セットを先取されたが、続く第2、3セットを連取し2-1で逆転勝ち。高校NO1の呼び声高い、エース水町泰杜(2年)は試合中に足をつりながらも、交代を“拒否”。コートに立ち続け、セミファイナル進出に導いた。

高校NO1の呼び声も高い、鎮西のエース水町泰杜【写真:荒川祐史】
高校NO1の呼び声も高い、鎮西のエース水町泰杜【写真:荒川祐史】

インターハイ男子バレーボール準々決勝、連覇目指す鎮西のエースが躍動

 全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の準々決勝が29日、三重県内で行われ、4強が出そろった。前年覇者で、春高バレーも制している絶対王者・鎮西(熊本)は東福岡(福岡)に第1セットを先取されたが、続く第2、3セットを連取し2-1で逆転勝ち。高校NO1の呼び声高い、エース水町泰杜(2年)は試合中に足をつりながらも、交代を“拒否”。コートに立ち続け、セミファイナル進出に導いた。

 両足の痛みが一瞬どこかに吹き飛んだ。第3セット、24-17で迎えたマッチポイント。最後は水町のサーブから得点を決めると、絶対的エースは力強くこぶしを握り締めた。「まずは目標としていたところまで来られました」。重圧と戦い、苦しみながらのベスト4入りにホッと胸をなで下ろした。

 中学時代に熊本県選抜で全国制覇。1年生として出場した1月の春高バレーでブレイク。スーパールーキーとして一躍注目を集め、名門・鎮西で2年生にしてキャプテンを任される逸材中の逸材だ。5月の黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会では、Vリーグのチームを相手に、強烈なスパイクを立て続けに決めたことも話題となった。

 そんな超高校級プレーヤーを止めるべく、東福岡はマークは徹底していた。サーブで狙われ、必ずブロックには3枚ついた。それでも水町は冷静にコースを狙い、また緩急をつけブロックアウトで得点を重ねた。「セッターがブロックを見て、クイックを使ったり、ボールを散らしてくれた。周りに助けられての1勝です」。本人はいたって謙虚に、チームメートへの感謝を忘れなかった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー