[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【バレーボール】絶対王者・鎮西が誇る高校最強エース、敗れた相手も脱帽「1本も止められなかった」

【バレーボール】絶対王者・鎮西が誇る高校最強エース、敗れた相手も脱帽「1本も止められなかった」

全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の決勝トーナメント3回戦が29日、三重県内で行われ、第1シードで春高バレー王者の鎮西(熊本)が日本航空(山梨)を25-22、25-21の2-0で下し、8強に進んだ。日本航空は善戦するも初の8強進出はならず、チームの切り札的存在でナイジェリアハーフのエポックドロ・ケナン(2年)は高校NO1エース、鎮西・水町泰杜(たいと・2年)に脱帽しながらも、春高でのリベンジを誓った。

日本航空は春高バレー王者の鎮西に善戦するも初の8強進出はならず【写真:荒川祐史】
日本航空は春高バレー王者の鎮西に善戦するも初の8強進出はならず【写真:荒川祐史】

インターハイ男子バレーボール3回戦、王者・鎮西に善戦及ばず敗れた日本航空

 全国高校総体(インターハイ)のバレーボール男子の決勝トーナメント3回戦が29日、三重県内で行われ、第1シードで春高バレー王者の鎮西(熊本)が日本航空(山梨)を25-22、25-21の2-0で下し、8強に進んだ。日本航空は善戦するも初の8強進出はならず、チームの切り札的存在でナイジェリアハーフのエポックドロ・ケナン(2年)は高校NO1エース、鎮西・水町泰杜(たいと・2年)に脱帽しながらも、春高でのリベンジを誓った。

 第2セットで一時はリードを奪うなど、王者を相手に一歩も引かない戦いぶりを見せた日本航空。しかし終盤にミスが出てじわじわ引き離され、最後はディフェンディングチャンピオンの前に屈した。

 月岡裕二監督は悔しそうに振り返る。「やっぱり相手は試合巧者。(鎮西は)勝つ雰囲気を持っていますね」。一方で接戦を演じたことには、「やってきた方向に間違いない。緊迫した場面でミスが出てしまったが、そこを修正できれば、そんなに差はない」と手応えも口にした。

 高校バレー界のスーパースター、水町は警戒していたが、やはり止められなかった。「あれだけのアタッカー。想定していた通りでしたが、気にし過ぎても仕方ない。打たれたら打たれたで、それ以外のところで何とかできればよかったんですが」と指揮官。水町を止める場面もあったが、ブロックの上から叩き込んでくるスパイクは強烈だった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー