[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【ハンドボール】“小さな夏の奇跡”の終わり 17人の麻生に残った涙と汗と、底抜けの笑顔

【ハンドボール】“小さな夏の奇跡”の終わり 17人の麻生に残った涙と汗と、底抜けの笑顔

7月28日。全国高校総体ハンドボール女子2回戦。3年前に始まった、麻生(茨城)の小沼嘉樹監督と3年生5人の挑戦が終わりの時を迎えていた。応援スタンドへ挨拶に向かう指揮官とキャプテンの高野稀汐(3年)の表情は、敗者とは思えないほど、実に晴れやかだった。

20年ぶりにインターハイ出場を果たした部員17人の麻生(茨城)【写真:荒川祐史】
20年ぶりにインターハイ出場を果たした部員17人の麻生(茨城)【写真:荒川祐史】

主将、エースの相次ぐ故障を乗り越えて…小沼監督が感じた「新たなチームの胎動」

 電光掲示板の時計が「30:00」を示し、ブザーが鳴った。

【写真】17人の“ハンド女子”がインターハイで起こした“小さな夏の奇跡” 麻生高校ハンドボール部写真ギャラリー

 麻生高校 16-27 高岡向陵高校

 7月28日。全国高校総体ハンドボール女子2回戦。3年前に始まった、麻生(茨城)の小沼嘉樹監督と3年生5人の挑戦が終わりの時を迎えていた。

 応援スタンドへ挨拶に向かう指揮官とキャプテンの高野稀汐(3年)の表情は、敗者とは思えないほど、実に晴れやかだった。

「3年間、楽しかった。このチームのみんながいてくれて、小沼先生が監督でいてくれたことが一番です」と、仲間の輪の中で高野は最後まで満面の笑顔を崩さない。

 あふれる涙と汗をユニフォームで隠す選手たちを静かに見つめながら、小沼監督は嗄れた声でゆっくり語り始めた。

「本当に逞しいチームになりました。今までで一番いいプレーをしてくれました。昨日の試合で、2年生エースの浜田(桃花)が負傷退場するというあれだけのトラブルがあったにも関わらず、それを全く感じさせない底抜けの明るさ。ここに新たなチームの胎動を感じるというか、ここからが船出といいますか、そんな気がしてなりません」

 この1年は、「トラブル」続きだった。

 春の新人戦では県大会で初戦敗退。「同じ悔しい想いをしたくない。全員が私生活からジリツ(自立と自律)を徹底」(高野)し、夏に向けて立て直しを図っていた矢先、チームの支柱、キャプテンの高野が前十字靭帯損傷の大怪我を負う。

「キャプテンがいなくなって、最初は不安だった」(浜田)が、「強いキャプテンでありたい」と自分にできることを献身的に取り組む高野に導かれ、チームは結束。“キャプテンのために”という想いを原動力に、19年連続出場の絶対女王・水海道二を決勝で下し、20年ぶりのインターハイ出場を決めた。

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー