[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ハンドボール】春の女王・大分、逆転で初戦突破 「視野外」から隙つく試合巧者ぶり発揮

全国高校総体(インターハイ)のハンドボール女子2回戦が28日、三重県内で行われ、第1シードの春のセンバツ女王・大分(大分)が飛騨高山(岐阜)を22-15で下し、初戦を勝利で飾った。

春のセンバツ女王・大分が飛騨高山を下した【写真:山田智子】
春のセンバツ女王・大分が飛騨高山を下した【写真:山田智子】

インターハイ女子ハンドボール2回戦、「初戦で硬かった」も逆転勝ち

 全国高校総体(インターハイ)のハンドボール女子2回戦が28日、三重県内で行われ、第1シードの春のセンバツ女王・大分(大分)が飛騨高山(岐阜)を22-15で下し、初戦を勝利で飾った。

 先制したのは飛騨高山だった。1回戦で帯広三条(北海道)に32-24と大勝して勢いづく飛騨高山は攻守に渡り積極的にプレー。4分に高石沙良(3年)が相手の意表をつくステップシュートで先制すると、その1分後にも政井瑞月(2年)がGKの頭上を抜くループシュートで加点し、幸先の良いスタートを切る。

 一方、「初戦で硬かった」(瀧元泰昭監督)という大分は、立ち上がりボールが手につかずリズムをつかめない。

「まず1点目を取らないといけないというプレッシャーがあった。苦しい時間帯も、みんなでディフェンスからの速攻ができて流れがきた」(高橋唯、2年)

 高橋舞(2年)のジャンプシュートで追いついて落ち着きを取り戻すと、持ち前の堅いディフェンスで相手の武器である速攻を封じて、約10分間無失点に抑える。その間、左腕のエース・高橋唯が連続得点などで点差を広げ、9-6で前半を折り返した。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集