[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【ハンドボール】千原台が初出場対決を制す 「みんなで守って、つないで、速攻」で全国初勝利

【ハンドボール】千原台が初出場対決を制す 「みんなで守って、つないで、速攻」で全国初勝利

全国高校総体(インターハイ)の女子ハンドボールの1回戦が27日に三重県各地で行われた。津市のサオリーナメインBコートで行われた第3試合では、千原台(熊本)と羽後(秋田)が対戦。初出場校同士の一戦は、28-21で千原台に軍配が上がり、春夏通じて全国大会初勝利を手にした。

千原台は春夏通じて全国大会初勝利を挙げた【写真:山田智子】
千原台は春夏通じて全国大会初勝利を挙げた【写真:山田智子】

インターハイ女子ハンドボール1回戦、春夏通じて全国大会初勝利

 全国高校総体(インターハイ)の女子ハンドボールの1回戦が27日に三重県各地で行われた。津市のサオリーナメインBコートで行われた第3試合では、千原台(熊本)と羽後(秋田)が対戦。初出場校同士の一戦は、28-21で千原台に軍配が上がり、春夏通じて全国大会初勝利を手にした。

 序盤は一進一退の展開が続くも、千原台がエース・米村友依(2年)の3連続得点で波に乗ると、7-3と一気に抜け出す。しかし羽後もディフェンスが安定し始めると、鈴木璃菜(3年)の連続得点などで22分に7-7の同点に追いつく。

 勝負の分岐点は前半23分。逆転を狙う羽後の一気呵成の勢いを、山本真智子(2年)が狙い澄ましたパスカットからのワンマン速攻で断ち切る。さらに8-8の同点から、米村が左サイドから連続得点で畳み掛けて流れを渡さず。そのまま千原台が12-9の3点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半はお互いの意地と意地とがぶつかり合い、ヒートアップ。千原台が山本、鈴岡玲華(2年)の得点で先行すれば、羽後も鈴木のサイド、高橋乃杏(3年)の高い打点のジャンプシュートなどで粘り強く食い下がる。

 最後まで見応えある攻防が続くが、千原台が1年生センター・山下加菜恵の強気且つ冷静なゲームメイクで徐々にリードを広げ、28-21で打ち合いを制した。

 就任4年目となる千原台の鋤崎浩美監督は、「みんなで守って、つないで、速攻ということと徹底したところが功を奏したと思います。(2019年に熊本で)世界女子ハンドボールがありますので、しっかりと熊本の名前をアピールするのもひとつの役目。明日も基本に忠実に焦らず自分たちのプレーができたらと思います」と笑顔で試合を振り返り、2回戦に向けて意欲を示した。

◇インターハイのハンドボールは27日から6日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー