[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 競技経験ゼロの指揮官が、文武両道校を強豪に育てられたワケ…清真学園女子弓道部

競技経験ゼロの指揮官が、文武両道校を強豪に育てられたワケ…清真学園女子弓道部

東京ドーム3個分という広大な敷地内の一角にある弓道場からは大きな張りのある声が響く。ここで日々研鑽を積んでいるのが、茨城県屈指の進学校・清真学園の弓道部だ。全国でも屈指の弓道強豪校は、同時に文科省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている文武両道校としても知られる。平日は放課後の約1時間程度の練習時間の中で、どんな工夫をもってチームを作り上げているのか。自身は弓道経験ゼロから指導して20年以上。全国有数の強豪に育て上げた佐久間和彰監督が指導論と信念を語った。

広大な敷地内の一角にある弓道場で、日々研鑽を積む清真学園弓道部【写真:荒川祐史】
広大な敷地内の一角にある弓道場で、日々研鑽を積む清真学園弓道部【写真:荒川祐史】

全国制覇の経験もある清真学園はSSH指定の文武両道校

 東京ドーム3個分という広大な敷地内の一角にある弓道場からは大きな張りのある声が響く。ここで日々研鑽を積んでいるのが、茨城県屈指の進学校・清真学園の弓道部だ。このほど女子が6年ぶり3度目のインターハイ(7月26日開幕・東海)出場を決めた。男子は2年前に全国高校総体(インターハイ)と全国選抜大会で2冠を達成。全国でも屈指の弓道強豪校は、同時に文科省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている文武両道校としても知られる。

 平日は放課後の約1時間程度の練習時間の中で、どんな工夫をもってチームを作り上げているのか。自身は弓道経験ゼロから指導して20年以上。全国有数の強豪に育て上げた佐久間和彰監督が指導論と信念を語った。

 同校は平日は月、金が6時間、火、水、木が7時間授業。学校の規定により、午後6時45分までには完全下校となるため、練習時間は月、金で約2時間。7時間授業の火、水、木は午後5時~6時までの約1時間だけとなる。その中で、中学生を含めて男女で計50人以上の部員が練習を積んでいる。

「練習にセオリーはないです。弓道のオーソドックスな練習は同じことの繰り返し。練習の開始時間もバラバラですし、揃えようという気はさらさらなくて、ずれているならそのまま利用しようと思っています。月曜から金曜に関しては、生徒に任せるしかないところもあります。短い時間の中でどう工夫して練習をするのか。考えさせることが1番です。というよりも必然的に考えざるを得ない。私がやっていることは、その環境をどう作るかだけです」

 高校の弓道は試合中の選手間のコミュニケーション、監督、指導者からのアドバイスなどがすべて禁止されている。試合に臨めば、自分との戦い。言い換えれば究極の孤独との戦いでもある。

 だからこそ、日々の練習から、試合に備えたメンタリティーを作り上げる必要がある。自らの考える力であり、一方では徹底した反復練習により培われた基本だ。同校では平日の短い練習で、個々が考える力を養い、比較的時間のある土日には、外部からのコーチを招いて基本練習を徹底する。

「うちは55人が同時に練習する。グループが4つに分かれてローテーションでやっています。生徒たちが練習メニューを考えながら動かしていくんです。大会が近づいてくると、試合に向けた練習になってきますよね。レギュラーの選手は時間を確保するために、ほかの選手には我慢してもらわないといけない。そこも考えているから、生徒からは『そろそろこういう練習を入れて良いですか』と言われますよ」

 同校では監督の指導だけでなく、下級生の指導を上級生が行うケースもある。他者に教えることで、自らに対する気づきにもつながるのだという。

「練習は厳しくしますよ。試合では誰も助けてくれない。孤独なんです。一度の狂いで矢が的から外れる。こちらもあらゆるリスクを想像して、リスクマネジメントを考えてやっています。狂った時に基本に戻らないといけない。何が狂ったのか、気が付くためのスキルをもってなければいけない。それを試合の最中にアドバイスすることができないのですから」

1 2 3 4
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー