[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【PR】プロチームも手掛ける栄養アドバイザーが解説、体調管理に有効な“秘密兵器”

thumbnail

なぜ「ポカリスエット ゼリー」が冬の体調管理にも役立つのか

「梅雨や夏場では、熱中症を警戒してまめに水分を摂る人も、冬は寒いうえ、トイレが近くなったら面倒だからと水分補給を敬遠しがちです。ゼリー状の飲料水であれば、通常の飲料水と違って少しずつ口に含めるため、特に運動前はお腹がタポタポする、急に冷える感じがする、すぐトイレに行きたくなるという精神的な不安も軽減されるでしょう」

 また、「ポカリスエット ゼリー」は運動愛好家だけでなく、あらゆる人の冬の体調管理にも役立つだろう、と続ける。

「冬は外気だけでなく室内も暖房の影響で乾燥しているので、のどや鼻の粘膜も乾きやすい状態です。また、厚着による発汗で、気づかないうちに身体がカラカラに乾いている場合もあります。特に、時間がなくて朝食を抜きがちな人、パンとコーヒーだけで家を飛び出す人、ダイエット中の人の体は、食事から摂取する水分量も少なく、慢性的に水分不足になる可能性があります。

 そんな人こそ、『ポカリスエット ゼリー』をうまく取り入れてほしいと思います。携帯性にも優れていますし、片手でサッと飲めるので、例えば通勤・通学途中やデスクなどで、手早く水分を補うことができるのではないでしょうか」

 ゼリー状の食感が空腹感も和らげるため、なるべく空腹に近い状態で臨みたい退社後のランニングやヨガ、ジムでのトレーニング前の水分補給にも適している商品だ。年末に近づくにつれ、多忙を極める人も多い中、「ポカリスエット ゼリー」を有効活用して乗り切りってほしい。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/