[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【PR】水分補給の悩み解消する“新兵器” 名選手を育成するトレーナーからの提言

20161013_pocari

翌日のトレーニングに備えるために―

 トレーニング前の準備運動と同時に、効果的に進めるための“胃腸のウォーミングアップ”を行う。筋肉のみならず、体の内側も整えておくという考えだ。また、木場氏は練習後の水分補給の重要性についてもこう指摘する。

「運動後ですが、代謝を上げなければ、疲労回復も十分にできません。トレーニング後にはゆっくりジョギングでコンディションをリカバリーしましょう。夏場は暑すぎるため、トレーニング後のリカバリーは難しい傾向にありますが、秋は涼しくなるので、それが可能です。

 夏場のトレーニング後と比べて、クールダウンの時間も変わってきます。軽く汗をかきながら代謝を良くする。そして終わった後に、『ポカリスエット ゼリー』を1本。ナトリウムやカリウム、カルシウムといったミネラル成分をしっかりと補給することができます。秋からは『ポカリスエット ゼリー』でリカバリーというのはどうでしょうか。しっかりと翌日のトレーニングに備えることができると思います」

 現役のトップアスリートだけでなく、日本スポーツ界を背負う次世代の逸材も育てるトレーナーからの提言。「食べる水分補給」と呼ばれる新製品で「胃腸のウォーミングアップ」と運動後の「リカバリー」をする――。トレーニングシーンにおける今後の水分補給のスタンダードになるかもしれない。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

 小2年で柔道を始め、小6の南九州柔道大会で優勝、優秀選手賞を獲得。中3で県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。高校でレスリングを始め、56キロ級九州大会で優勝。インターハイ、国体は団体戦3位。腰椎圧迫骨折で現役を退き、医療人の道へ。鍼灸師、柔道整復師、FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)、G大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)、長友佑都専属トレーナー。

URL:http://kobakatsumi.jp/