[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「秋冬こそウォーキング」 元美人シンクロ選手が実践する「冷え対策」の3本柱

photo by mika

風邪を引きやすい体質だった青木さん、管理栄養士は「一口でも水分補給を」

 友達の家に集まるときは、友達の子供も一緒に食べられるちゃんこ鍋や塩鍋。外食時は、キムチ鍋、火鍋が圧倒的に多いですね。寒くなると体も脂肪を蓄えやすくなる気がしますが、辛い系の鍋を食べると汗もかくので、罪悪感もなし。冷えと脂肪対策ということで一石二鳥です(笑)」

 実は気管支が丈夫なほうでなく、風邪を引きやすい体質だったという青木さん。引退後はプールで過ごす時間がグッと減り、余計に秋冬の乾燥が気になるそう。「特に屋外や電車での長距離移動時は、油断するとすぐに喉が張り付くように渇いてしまう。秋冬の喉の渇きは風邪に直結すると聞いたので、こまめな水分補給を心がけています」

「秋冬は屋外だけでなく室内も暖房の影響で乾燥しているので、のどや鼻の粘膜も乾きやすい状態です」とは横浜F・マリノスをはじめ、様々なスポーツ選手の栄養指導を行う管理栄養士の橋本玲子さん。

「口やのど、鼻のなかが乾燥すると、風邪の原因となるウイルスが粘膜に付着し、増殖しやすくなります。ウイルス感染の予防には、こまめに水分をとり、口や鼻をなるべく潤しておくことが効果的。“喉がカラカラ”と感じる前に、一口でいいので水分補給を心がけてください」

 実は厚着による発汗で、気づかないうちに身体がカラカラに乾いてしまう人も多いという。これから冬本番。カゼを寄せ付けない“渇く前の水分補給”で、喉を潤す習慣をつけよう。

長島恭子●文 text by Kyoko Nagashima
mika●写真 photo by mika

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集