[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界で戦える選手を目指すために 「好き嫌い」を克服する最も重要な心がけは?

「嫌いなものは食べなくていい」ではなく、「一口だけでも食べるトレーニングが必要」――。Jリーグの下部組織やラグビースクールを中心にジュニア世代の食事をサポートする公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に「世界で戦える選手の食事」について聞いた。

「食べなくていい」ではなく、「一口だけでも食べるトレーニング」の必要性

「嫌いなものは食べなくていい」ではなく、「一口だけでも食べるトレーニングが必要」――。Jリーグの下部組織やラグビースクールを中心にジュニア世代の食事をサポートする公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に「世界で戦える選手の食事」について聞いた。

 ◇ ◇ ◇

「子供の好き嫌いが多いのでなんとかしたい」という悩みは、スポーツをする子供を持つ家族から、毎年、最も多く寄せられる相談の1つです。

 嫌いなものを「食べなさい!」と頭ごなしに押し付けても、実際は食べるようにはなりません。特に好き嫌いが多いのは野菜ですが、まずは、食べられる野菜を毎食食べる、という習慣をつければOK。私はよく、「トップの選手にも野菜嫌いな人はいるよ。でも、絶対に食べないのではなくて、嫌いなトマトの代わりに、ブロッコリーやもやしなど別の野菜を食べているんだよ」と子供たちに話をしますが、当人たちはもちろん、聞いていた家族の方も「ああ、それでいいのか」とハッとするようです。

 世界で活躍するアスリートは、どこの地域や国へ行っても、出されたものを食べる力が必要です。食べることがいかに大切かを語る上では、ラグビー元日本代表選手の言葉が思い出されます。

 2002年のラグビー日本代表合宿で選手たちの食事調査を行ったのですが、その時、マッシュポテトやポテトコロッケなど、とにかくじゃがいも料理をお皿に山もりによそっていたの姿が目を引きました。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集