[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 「準備運動と一緒」 脳の活性化や怪我の予防につながる理想的な朝食のとり方

「準備運動と一緒」 脳の活性化や怪我の予防につながる理想的な朝食のとり方

朝食は必要なエネルギーや栄養素を摂るための大事な一食。Jリーグの下部組織やラグビースクールを中心にジュニア世代の食事をサポートする公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は、「朝食を抜く子供が少なくない」と指摘するとともに、安易に抜かない習慣を身につける重要性を語る。

朝食を欠くだけで必要なエネルギー量や栄養素が不足、安易に抜かない習慣が重要に

 朝食は必要なエネルギーや栄養素を摂るための大事な一食。Jリーグの下部組織やラグビースクールを中心にジュニア世代の食事をサポートする公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏は、「朝食を抜く子供が少なくない」と指摘するとともに、安易に抜かない習慣を身につける重要性を語る。

 ◇ ◇ ◇

「時間がないから」と最もないがしろにされる朝食。しかし、朝食を欠くだけでも、1日に必要なエネルギー量や栄養素が不足してしまいます。朝食を食べると脳の活性化ややる気の向上、そして怪我の予防にもつながるので、特にエネルギーを多く必要とするスポーツ選手はしっかり摂る必要があります。

 横浜F・マリノスの下部組織の子供たちにはいつも、「トップの選手は365日、毎日ちゃんと朝食を食べているよ。朝食はサッカーをする前の準備運動と一緒なんだよ」と説明しています。「朝ごはんを食べると体が温かくなって、体もよく動くようになるよ。準備運動とまったく一緒でしょう?」と言うと、「ああそうか!」と納得がいくようです。

 保護者からは「うちの子供は食欲がないので食べられないんです」という声もよく聞きますが、「食べられないから出さないのではなく、少しでも食べられるように工夫しましょう」とアドバイスしています。朝の食欲は前日の夜の過ごし方や起床時間などが影響するので、まずは少しでも早い時間に夕飯を食べて就寝する。そして、起床後は着替えや登校の準備で15分~30分ほど体を目覚めさせる時間を作ると、空腹を感じ始め、食欲がわいてきます。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー