[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アスリート目指す子供にも最適 「一番栄養が詰まった食材」を見分けるには?

日本食といえば、春夏秋冬の四季折々で楽しめる様々な食材が並ぶ。いわゆる『旬』と呼ばれる食材の数々は、子供の健康な体づくりにも有効活用できるようだ。

「四季があること」のメリットとは

 日本食といえば、春夏秋冬の四季折々で楽しめる様々な食材が並ぶ。いわゆる『旬』と呼ばれる食材の数々は、子供の健康な体づくりにも有効活用できるようだ。

 日本列島は東西南北に伸びて、なおかつ海と山に囲まれた地形となっているため、それぞれの地域に根付いた食材が多い。それを生かした郷土料理も多く、飽きることなく食事を楽しめる。なおかつ季節によって変化する旬の食材は、様々な点でメリットがあるという。

 サッカーJリーグの横浜F・マリノス、ラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツで栄養アドバイザーを務める橋本玲子さんは「日本人は『四季がある』ということを当たり前にとらえすぎていて、他の国と比べた際のメリットを感じていないのかもしれません」と切り出した。

「例えばシンガポールなどの赤道直下の国になると、食べられるお魚が1年中同じ、ということは珍しくありません。一方で日本は季節によってバラエティーに富んだ食材が手に入ります。その中でも昔から言われている『旬のものを食べましょう』というのは、理にかなっているのです。

 旬の食材はその時期に多く出回りますし、その食材自体にも豊富な栄養素が含まれているのです。代表的なもので言えば、春と秋の2度、旬がある『初ガツオ』と『戻りガツオ』は、春にタンパク質が多くサッパリとした味わいで、秋になると脂がのるので濃厚な味わいが楽しめるんですよ。」

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集