[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • “米派”減少に待った― アスリート目指す子供たちは「もっとお米を食べて」

“米派”減少に待った― アスリート目指す子供たちは「もっとお米を食べて」

アスリートを目指す子供たちが摂るべき炭水化物は、日本人の主食である「お米」だった――。

20160401_rice2

栄養アドバイザーが警鐘、「今の子供たちは本当にお米を食べない」

 アスリートを目指す子供たちが摂るべき炭水化物は、日本人の主食である「お米」だった――。

 サッカーJリーグの横浜F・マリノス、ラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツの栄養アドバイザーなどを務める橋本玲子さんが「ご飯」とその他の炭水化物の栄養素を比較し、お米の持つ様々なメリットを挙げた。

 スポーツに励む人々にとって、身体づくりには欠かせない食事。それはプロアスリートに限らず小学生、中学生年代にも当てはまる。しかしここ近年は食生活、そして両親の労働環境の変化によって“お米派”の家庭が減ってきたと橋本さんは実感している。

「今の子供たちは、本当にお米を食べません。パン派の子が増えたこともありますし、働くお母さん方も忙しくて、ご飯を炊くよりはパンを買い置いた方が楽ですからね。またプロサッカー選手が好んで食べる影響もあってか、『炭水化物と言えばパスタ!』という印象も強いです。ただ栄養学の視点に立つと、もっとお米を食べて欲しいと考えています」

 橋本さんがお米を推す理由は、まず栄養分布にある。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー