[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スキー&陸上で日本一、東大でプロ志望…白球を選んだ“二刀流”の逸材たち

スキーで日本一、両親は医者…「スーパー中学生」と騒がれたマルチな逸材

 根尾昴。名前を聞いたことがあるファンも少なくないかもしれない。今春のセンバツ高校野球を制した名門・大阪桐蔭(大阪)の原動力となった2年生だ。

 そもそも、アマ野球界で根尾の名が轟いたのは中学3年のこと。飛騨高山ボーイズの投手として最速145キロをマークして一躍、スーパー中学生として騒がれた。野球もさることながら、冬季競技が盛んな岐阜で生まれ育ち、スキーの実力も図抜けていた。全国中学校スキー大会、アルペンの回転で優勝。ただ球が速いだけではない、驚異の運動センスも話題が広がる要因となった。

 学業も優秀。中学ではオール5に近い成績を残し、生徒会長を務めていたという。さらに、両親が医者という家庭で育った根尾。中学卒業後は医者の道も見越し、医学部を持つ私大の、関東にある系属強豪高への進学が噂されたこともある。しかし、結果的に中田翔(日本ハム)、中村剛也(西武)、藤浪晋太郎(阪神)ら多くの名選手を輩出している大阪桐蔭に進学した。

 高校では投手のみならず、遊撃、外野とポジションでもマルチな才能を発揮した。3月のセンバツでは投打で活躍し、5年ぶりの優勝に貢献。根尾自身にとっては中学のスキーに続く日本一となった。当然、溢れすぎる才能に逸材にプロのスカウトも注目。「ポジションは獲ってから決めればいい」と舌を巻くほど評価が高い。ドラフトイヤーとなる来年は、さらに熱視線を浴びるはずだ。

 こうして見ると、パワー、スピード、技術、体力、頭脳……あらゆる能力が問われる野球でプロの注目を集める選手たちは、他分野で実力を発揮した選手は少なくない。もちろん、その過程には白球を追うと決める葛藤はあっただろう。それでも、決断が正しかったと胸を張り、これから野球界を盛り上げていってくれるように――。彼らの豊かな才能が育まれることを期待したい。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集