[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 過酷な競技人生乗り越えた自信 今も輝き放つ元五輪選手、その生き甲斐とは

過酷な競技人生乗り越えた自信 今も輝き放つ元五輪選手、その生き甲斐とは

一つの目標を果たしたところで、人生においてそれはあくまで通過点に過ぎないのだと、彼女たちは教えてくれる。元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さん(08年北京五輪出場)と元ショートトラックスピードスケート日本代表の勅使川原郁恵さん(98年長野五輪、02年ソルトレイクシティ五輪、06年トリノ3大会連続出場)は五輪出場という目標を叶え、現役を引退してからもセカンドキャリアで輝きを放っている。

20161231_aoki

青木愛さんがシンクロから離れない理由とは

 目標を持って生きる大切さ。

 一つの目標を果たしたところで、人生においてそれはあくまで通過点に過ぎないのだと、彼女たちは教えてくれる。元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さん(08年北京五輪出場)と元ショートトラックスピードスケート日本代表の勅使川原郁恵さん(98年長野五輪、02年ソルトレイクシティ五輪、06年トリノ3大会連続出場)は五輪出場という目標を叶え、現役を引退してからもセカンドキャリアで輝きを放っている。

 青木さんはチーム最年少の23歳で北京五輪に出場しながら、大会後に引退を決意する。迷いはなかった。

「母親の病気のことが一番の理由ですが、プラスして先輩たちがやめるという話を聞いていたので、今が自分のやめどきなのかな、と。もともと、人を引っ張っていくタイプじゃないと思っていましたから」

 引退後はスポーツコメンテーターとして活動しながらも、後進の指導などシンクロから離れることはなかった。

「やはりシンクロが好きなので何らかの形でかかわっていきたいと考えていました。引退した立場で後輩のみんなのために私なりに何ができるのか考えると、それは約12時間に及ぶ過酷な練習を日々こなしている彼女たちの思いを聞き、メディアを通じてファンのみなさんに伝えること。それが今の私のやりたいことです。

 シンクロの魅力、素晴らしさを多くの人に伝えたい。でもシンクロだけではなく、スポーツというものが今の私をつくってくれたので、目標としては様々な競技にかかわりながら魅力をきちんと伝える仕事をしていけたらと思いますね。2020年には東京五輪があるので、そこに向かって頑張りたい」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー