[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

注目浴びた美女アスリートにも葛藤の過去 競技から学んだ「人生そのもの」

あなたは真剣に取り組んでいることを、やめたくなったことがありますか? その葛藤は、誰しもあることなのかもしれない。オリンピアンとて例外ではない。

20161231_aoki

青木愛さん、勅使川原郁恵さんが語る現役生活、いかにして葛藤乗り越えたのか

 あなたは真剣に取り組んでいることを、やめたくなったことがありますか? その葛藤は、誰しもあることなのかもしれない。オリンピアンとて例外ではない。

 美女アスリートとして注目された元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さん(08年北京五輪出場)と元スピードスケートショートトラック日本代表の勅使川原郁恵さん(98年長野五輪、02年ソルトレイクシティ五輪、06年トリノ3大会連続出場)にも競技と、そして自分と真摯に向き合う日々があった。

 青木さんは小学校2年からシンクロを始めた。4年生のときにジュニアオリンピック優勝を果たし、来る日も来る日もシンクロに打ち込んでいた。

 井村雅代氏の井村シンクロクラブに通っていた高2のころ、「もうやめたい」という気持ちが膨らんだ。放課後になると周りの友人たちは楽しんでいるのに、自分には自由な時間がまったくなかった。

「遊びたい盛りに、学校が終わってすぐに大阪に行って毎日練習でした。あるとき〝私、何してんやろう〟と思って、無断で練習を休んだことがあったんです。私によくそんな度胸あったなって今さらながら思うんですけど(笑)。でも1日、2日と友達と遊んでみても全然楽しくなかった。やっぱりシンクロしたいなって思いました。

 でも無断欠席したから、行きたくても行きにくい。休んで4日目ぐらいに担当コーチから電話が掛かって『明日おいでや』と言われたのに、怒られるのが嫌でズルズル引きずって2週間ぐらい休んでしまったんです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集